【2019年】香港からマカオへフェリーで日帰り旅行する方法【無料シャトルバスでセナド広場へ】


こんにちは。ユウスケです。

今回は香港からマカオへフェリーで日帰り旅行してきたので、フェリーの乗り方や、マカオに到着してから無料シャトルバスで市内(セナド広場付近)への移動方法などをご紹介します。

僕はマカオに昼過ぎに到着し、夜に香港へ帰ってきましたが終始スムーズに移動でき、日帰り旅行でも十分に楽しむことが出来ました。

僕がした日帰りコース
マカオ到着 → セナド広場(1.5時間) → 周辺散策+ランチ(1.5時間) → カジノ(5時間)

日帰り旅行にした理由はマカオで宿泊するためにスーツケースを持っていくことが面倒くさかったからです。(スーツケースはフェリーにも積めますが、フェリー乗り場の階段もあるので少しめんどくさいと思います)

マカオに着いてからの観光の様子はコチラの記事からどうぞ。

ウィン・マカオの噴水ショー

【マカオ 旅行記】世界遺産を観光して、カジノも行って満足の一人旅【2019年】

2019年5月20日

SPONSORED LINK

香港からマカオへ日帰り旅行

まずは簡単に香港からマカオへ日帰り旅行する順序をご説明します。

大まかなステップ
①香港のフェリーターミナルに行く
②フェリーでマカオまで行く
③マカオ到着後、無料シャトルバスに乗って目的地に行く
④最寄りのフェリーターミナルに戻ってくる
⑤フェリーで香港へ帰国する

とこのような流れになります。

それでは以下で一つずつ説明致します。

香港のフェリーターミナル乗り場

香港市内近くには2つのフェリーターミナルがあり、どちらからでもマカオまで行くことができます。

どちらのターミナルもご自身が滞在している場所によって使い分ければ問題ありません。

・九龍半島に滞在 →「チャイナフェリーターミナル」

・香港島に滞在 →「香港マカオフェリーターミナル」

補足
香港島側の「香港マカオフェリーターミナル」のみ24時間で運行しているので、深夜や早朝に利用予定の方はこちらのターミナルになります。

フェリーターミナルへのアクセス

・「チャイナフェリーターミナル」はMRT尖沙咀から徒歩約8分
グーグル・マップでの経路表示はコチラ

・「香港マカオフェリーターミナル」へはMRT上環から徒歩約5分
グーグル・マップでの経路表示はコチラ

どちらもグーグル・マップを見ながら進めば問題なく辿り着けます。

マカオのフェリーターミナル乗り場

マカオにも2箇所のフェリーターミナルがあります。

基本的には以下のように目的別に考えれば問題ありません。

・「セナド広場」周辺を観光したい → 「アウターハーバー・フェリーターミナル」

・「ベネチアンマカオ」や「ザ ハウス オブ ダンシング ウォーター」を観光したい → 「タイパフェリーターミナル」

フェリー運行会社は2種類

香港からマカオまで運行しているフェリーは2種類あります。

・ターボジェット(噴射飛航)
・コタイジェット(金光飛航)

ターボジェットは主に「アウターハーバーフェリーターミナル行き」、コタイジェットは「タイパフェリーターミナル行き」です。

フェリーの時刻表

ターボジェットは30分間隔、コタイジェットは15分間隔で運行しています。

ターボジェットのみ24時間営業で、深夜早朝は運行本数は減ります。

このようにフェリーは頻繁に運行していますし、チケット売り場のスタッフの方が一番早い時間帯の便へ案内してくれるので、特に時間を気にしてフェリーターミナルまで行くと行ったことはないです。

詳しい日付での時刻表は以下の公式サイトから御覧ください。

・ターボジェット(噴射飛航)→ 公式サイト
・コタイジェット(金光飛航)→ 公式サイト

フェリーチケットの買い方

フェリーターミナルに着いたらこのようなチケット売り場があるので並んで購入します。(この画像はターボジェット社のカウンターです。コタイジェットは青色のカウンターです)

受付の方に「アウターハーバー」か「タイパ」かを伝えればチケット購入できます。

英語例)片道大人一人「アウターハーバー行き」のチケットください。
→ One Way Ticket to Macau Outer Harbour Please

英語例)片道大人2人「タイパ行き」のチケットください。
→ One Way Ticket to Macau Taipa for 2 People Please

自販機的なものもありましたが、僕は信用できなかったので人がいるカウンターで購入しました。

ターボジェットの料金

チケットは平日と週末で料金が違います。

僕はターボジェットでマカオのアウターハーバーへ週末に行ったので片道$186(約2,600円)でした。

行き先  香港 → マカオ
座席ランク エコノミー スーパークラス
昼行便(平日) $171 $346
昼行便(週末・祝日) $186 $371
夜行便 $211 $391
行き先  マカオ → 香港
座席ランク  エコノミー スーパークラス
昼行便(平日) $160 $335
昼行便(週末・祝日) $175 $360
夜行便 $200 $380

 

ターボジェットお得情報
☞ KKdayではマカオ行きのフェリーが割引になるチケットをオンライン販売しています!

✔︎【九龍発着】フェリー割引チケットはコチラ   

✔︎【上環発着】フェリー割引チケットはコチラ

コタイジェットの料金

行き先  香港 → マカオ
座席ランク  エコノミー スーパークラス
昼行便(平日) $171 $293
昼行便(週末・祝日) $186 $310
夜行便 $211 $338
行き先  マカオ → 香港
座席ランク  エコノミー スーパークラス
昼行便(平日) $160 $282
昼行便(週末・祝日) $175 $299
夜行便 $200 $327

*コタイジェットで「エコノミー」クラスは正しくは「Cotai Class」ですがわかりやすくするために変更して表記しています。

コタイジェットお得情報
✔︎【上環発着】フェリー割引チケットはコチラ

出国手続き

チケットを購入したら大体30分前くらいにゲートへ向かえば問題ないと思います。(画像は香港マカオフェリーターミナルです)

香港からマカオへ行く際は出国審査が必要になりますが、飛行機の出国審査よりかは簡易的なのでそこまで混雑はしないはずです。

この橋を通って真っ直ぐ行きます。

出国審査は安全上撮影はしていませんが道なりに行けば大丈夫です。

出発ゲートへ向かう

そして審査を終えたらフェリー出発ゲートへ向かいます。

チケットにはゲート番号が記載されていないので、こういった電光掲示板にて行き先を確認してください。

一番右側に表示されている数字がゲート番号です。

座席番号を割り振ってもらう

ゲート付近で待っているとスタッフの人がやってくるのでその際にチケットをもって行きます。

するとこのようにシート番号をチケットに貼ってくれます。(僕は15Mの席)

その後大体10分くらいさらに待って搭乗開始しました。

フェリー搭乗は急がなくても良い

このように列ができることが多いと思うので、状況に応じてゆっくり搭乗したほうが良いです。

早く並んで搭乗しても結局は船内で波に揺られながら待つことになります。

この部分は揺れることがあるので気おつけて下さい。

ターボジェット座席の様子

搭乗したら自分の座席番号の席まで行ってあとは1時間ほどで到着します。

シートは柔らかく、背中が痛くなることはありませんでした。

残念なことに僕が乗船したフェリーの窓はかなり曇っていてあまり外の景色は楽しめず。

レッグルームも十分あり、問題ありません。快適でした。

無料シャトルバスで「セナド広場」へ行く方法

無料シャトルバスは多くのホテルから出てはいるのですが、グランドリスボアのシャトルバスは宿泊していなかったので使用できませんでした。(僕は乗車断られました)

代わりに「グランドエンペラーホテル」のシャトルバスが利用できましたのでその様子をご紹介します。

グランドエンペラーホテルからセナド広場へは徒歩約8分ほどでした。

それではマカオ到着後からの行き方を説明します。

まずマカオについて道なりに進むとこの大きい吹き抜けのホールにでてきます。

帰国するときはこのエスカレーターを上がったところにフェリーのチケットカウンターがあります。

注意
帰国の際には香港に到着するフェリーターミナルを間違えないようにしましょう。たしかカウンターごとに行き先「チャイナフェリーターミナル」か「香港マカオフェリーターミナル」に別れていたはずですが、購入の際は要チェックです。

インターネットが使えないときの為に、建物のインフォカウンターでこのマカオのマップを貰っておくと便利です。

無料シャトルバス乗り場へ行く

まずはこの建物を出ます。

建物の出口はこのような感じ。

ちょっと暗くて申し訳ないのですが、出口を出てすぐに地下へと続く階段があるのでそこを下ります。

暗い道を真っ直ぐ進むとエスカレーターがあるのでそこを上がります。

上がって右にUターンします。

Uターンしたところを真っ直ぐ進む。

するとこの紫色の看板のところに「グランドエンペラーホテル行き」の紫色のバスが来るので待ちます。

バスが来ていればそのまま乗車できます。(念の為グランドエンペラー行きか各自、係の人に確認お願いします。)

乗車の際は特にチケットを見せたりする必要はなかったです。

快適に移動できます。乗車時間約10分。

そして豪華なホテル前に到着。

ここからセナド広場まではほとんど一本道で迷わないはずです。

さきほどもらったマップを見ながら徒歩ですぐに行けます。

無料シャトルバスで帰る方法

アウターハーバーフェリーターミナルへ戻る際にもこのホテル前から無料シャトルバスがでています。

一つだけ違うのが、乗車がチケット制になっており、乗車するためには受付でチケットをもらう必要があります。

無料シャトルバスの受付が「グランドエンペラーホテル」の日本で言うところの3F(たぶん3Fだったはずですが、なければ2Fか4Fです。。すみません。)にあるので貰いに行きます。(受付はカジノの中です)

このようなチケットを貰います。

そしてホテル前に列があるのでそこに並びます。

アウターハーバーフェリーターミナル行きは真ん中の列です。(行き先要確認)

ちなみに左端の列が空港行きだったのですが、200人くらい並んでいて、最初はわからず僕も5分ほど並んでしまいましたが列が違いました。

まとめ

少し長くなってしまいましたが、香港からマカオへ行き、無料シャトルバスも使って観光する方法をご紹介させて頂きました。

往復2時間で来れる場所なので、香港に旅行に行った際は是非一度マカオまで足を伸ばされるのもおすすめします。

いつも読んで下さりありがとうございます🙇🏻‍♂️

人気記事①海外に行くならクレジットカードは2枚以上持つべき

人気記事②アマゾンで年間76万円使った僕がオススメする海外旅行で便利なモノ7選

【香港 SIMカード】僕がアマゾンで購入して実際に現地で使ったおすすめのものをご紹介【格安・快適】

2019年5月1日
ノボテル香港ネーザンロード九龍のホテル前の様子

【香港】ノボテル・ネイザン・ロード・九龍に泊まってきたのでレビュー【立地が良くおすすめ】

2019年4月16日

【香港】エアポートエクスプレスの乗り方や料金を写真で徹底解説【2019年最新】

2019年3月28日





SPONSORED LINK


SPONSORED LINK


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です