格安で海外送金するにはワイズが最強(割引コードあり)記事を見てみる

アマゾンで年間76万円使った僕がオススメする海外旅行で便利なモノ7選【実際に使った】

こんにちは、ユウスケです。

僕はアマゾンがないと生きていけない。そんな人間になってしまいました。

とまぁ、それは言い過ぎかも知れませんが、アマゾンプライム会員歴4年、年間76万円も消費してしまっている以上、アマゾン依存症ということほかなりません。

今回はそんな僕がアマゾンで購入した商品の中でも「実際に海外旅行で使って便利だったモノ」をオススメ7選としてご紹介させて頂きます。

ちなみにアマゾンの合計金額はjavascriptコードを入力すると計算できます。

僕の使った金額は「758,752円」でした。

目次

ダブルSIMスロット搭載ファーウェイのスマートフォン

まず最初にご紹介するのはSIMフリースマホの「Huawei P30 Lite」です。

何が便利かと言うとこのスマートフォンはSIMカードを2枚同時に入れておくことができることです。

なので日本のSIMカードを入れておきながら、海外のSIMカード(これもアマゾンで買える)も入れることができます。

海外に頻繁に行く方は特にSIMカードが2枚入れれるものを持っているとかなり便利です。

[voice icon=”https://toriaezu-tabi.com/wp-content/uploads/2019/01/dori.png” name=”ユウスケ” type=”l”]しかも27,000円ほどで購入できるのでシムフリースマホとしてコスパ最強です。[/voice]

(ファーウェイは色々と世間を騒がせましたが、2020年になった今でも問題なく利用できています。)

世界200カ国以上対応の変換プラグ

昔は行く国ごとにプラグを用意していましたが、これ一台で主要な旅行先はほぼカバーしています。

将来1カ国しかいかないなら個別でプラグを購入したほうが安いですが、3カ国以上行く方は都度購入する面倒もなくなるので、この変換プラグを購入しておいて損はないです。

大容量モバイルバッテリー

旅先ではホテルを出ると電源を探すのも一苦労するときがあります。

このAnkerのモバイルバッテリーはそこまで重くなく、コンパクトでカバンに1個入れておけばバッテリー残量を気にせず、安心してGoogle Mapやカメラを使えます。

僕は2個(パソコンとスマホ用)持っていますが、マジで必需品です。

[box class=”white_box” title=”プライム会員無料体験”]✔︎アマゾンのプライム会員は通常年間4,900円かかりますが、こちらから無料体験版を登録するとお急ぎ便も無料でご利用いただけます[btn class=”rich_yellow”]プライム会員無料体験はコチラ[/btn][/box]

壁掛けで使うバスルームポーチ

バスルームポーチにはフック付きの壁掛けのものや、ボックスタイプのものがありますが、海外旅行でおすすめのものは断然「壁掛けタイプ」です。

ずっと高級ホテルに泊まるならなんでも良いですが、普通のホテルだとたまに洗面台がすごく小さく、バスルーム用品などが置けない所もすくなくありません。

ですので場所も選ばない「壁掛けタイプ」がオススメです。

もしバスルームに掛けることができないなら、クローゼットに掛けて利用するのがおすすめです。

旅先でも快眠できるアイマスク

旅行ではたまにカーテンも電気もすべて消しているのに、すごい明るい部屋に遭遇することがあります。

そんな旅先でも真っ暗にして眠れるアイマスクは睡眠の質を確保するためにも必須です。

これは立体型になっているので目にピタッとくっつかない点がおすすめです。

手動で含まらせるネックピロー

ネックピローは長距離フライトやLCCを利用するときに僕は持参します。

少しかさばりますが、フライトでしっかり寝たい方におすすめです。

しかもこれは手動ポンプで膨らますので、酸欠にならずに済みます。

耳栓でフライト中の騒音をシャットアウト

カプセルホテルや壁の薄い所に泊まることがあるのですが、そんなときは耳栓があれば騒音にイライラすることなく眠りにつけます。

フライト中にも使えますし、「399円で8ペア入り」とかなり安いので一つ持っておけば騒音に対して安心です。

まとめ

以上、「僕がアマゾンで購入した旅先で便利なおすすめ商品」をご紹介させていただきました!

また、アマゾンのプライム会員になるとお急ぎ便が無料なので、無料体験版でお試しするのもおすすめです。

[btn class=”rich_yellow”]プライム会員無料体験はコチラ[/btn]

いつも読んで下さりありがとうございます🙇🏻‍♂️

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次