【2019年最新版】海外旅行でも使いやすいおすすめのクレジットカードはコレ

今回は海外旅行に行く際にパスポート並に大事な「クレジットカード」についてご紹介します。

☞このような疑問にお答えします
  • 結局どのクレジットカードが一番良いのか
  • 海外には現金をできるだけ持っていったほうが良いのか
  • 海外でクレジットカードを使う際の手数料などは高いのか
  • 海外でクレジットカードを使うリスクはあるのか

この記事を書いている僕自身は海外歴10年以上、現在はオーストラリアを拠点にしており、スペイン一人旅中には犯罪に合いクレジットカードも盗まれた経験があります。

【失敗談】僕がスペインひとり旅で犯罪に遭った話【治安は悪いのか】

2019年3月14日

そんな僕の経験も踏まえてこの記事では「結局どのクレジットカードが良いのか」を解説します。

これから海外旅行、留学、ワーキングホリデーでとにかく外国へ行かれる方には是非一度読んで欲しいです。

海外旅行でも使いやすいおすすめのクレジットカード

クレジットカードの種類は年会費無料のものや、海外旅行保険がついてくるものだったり、かなり多く種類があります。

以下に海外旅行、留学、ワーホリに行かれる方にもおすすめのものをまとめました。

カード名 年会費 備考
三井住友カード 初年度無料   海外旅行傷害保険最高2,000万円
楽天カード  無料  海外旅行保険3ヶ月
アメリカンエキスプレス  12,000円〜  ラウンジ
楽天プレミアムカード  10,800円  プライオリティパス
Booking.comカード  無料  ホテル予約割引

正直、楽天カード1枚でも問題はないのですが、僕のスペインでの失敗談の様にその1枚がダメになった場合が怖いので、念の為に最低2枚は用意して行きましょう。

留学やワーホリの方のおすすめのクレジットカード

長期で海外へ行かれる方はクレジットカードに「三井住友カード」と「楽天カード」を。

現地での現金調達用に「三井住友デビットカード」があれば問題なく過ごせるはずです。

海外に長期で行くとなると現地で銀行口座も作ると思うので、最初に少しだけ多めに現金を持っていって、現地到着したらすぐに口座を開設して現金は預けてしまうのもおすすめです。

中期、短期旅行の方におすすめのクレジットカード

こちらもクレジットカードに「三井住友カード」と「楽天カード」があれば十分です。

現地での現金調達方法は、短期で日本に帰国すると思うのでクレジットカードのキャッシングでATMから引き出すのが便利だと思います。

注意したいのが、クレジットカードのキャッシングはリボ払いになっていることがあるので、リボ地獄にならないためにも帰国した際にすぐに全額返済することをおすすめします。

空港ラウンジも使いたいにおすすめのクレジットカード

上記の装備に加えて、空港でのラウンジを使用したい方は「アメリカン・エキスプレス」か「楽天プレミアムカード」を用途に合わせて組み合わせると良いと思います。

「アメリカン・エキスプレス」は関空、成田から出発する際の空港ラウンジ、あとはプライオリティパス(カードランクによっては使用回数制限あり)もついてくるので、海外にあるプライオリティパスラウンジにも無料で入れます。

→アメリカン・エキスプレスで使用可能な空港ラウンジ一覧

プライオリティラウンジの利用が主な目的であれば「楽天プレミアムカード」が年会費も安いので断然お得です。

ケアンズのプライオリティパスラウンジに行ってきたのでレビュー【リーフラウンジ】

2019年2月5日

ホテルをお得に予約したい方におすすめのクレジットカード

ホテルを予約する際にお得になるのは「Booking.comカード 」です。

宿泊料金の最大6%ポイント還元だったり、Booking.comの上級会員に自動アップグレードだったりと様々な特典があります。

このカードはVisaカードなので、クレジットカードとしても対応しているお店が多いので海外旅行する際は便利です。

また、海外旅行保険も3ヶ月付いていますし、年会費も無料なのでとりあえず持っていて損はないと思います。

海外での現金調達方法

海外で現金を調達するには大きく分けて以下の3つがあります。

  • 日本から現金で持っていく
  • 銀行キャッシュカードで現地で引き出す
  • クレジットカードのキャッシングで現地で引き出す

日本から現金で持っていく

クレジットカードや銀行キャッシュカードに加えてちょっとだけ持参するのは良いですが、旅費全額を現金で持っていくのは盗まれる危険性特大なので絶対にやめて下さい。

現金を持っていく際は必要最低限にしておくのがベストです。

銀行キャッシュカードで現地で引き出す

銀行のキャッシュカード(あるいはデビットカード)で海外のATMを使い日本の口座から直接現金を現地通貨で引き出すことが出来ます。

メリットはとにかく簡単なこと。日本で現金を下ろす感覚でできます。

デメリットは毎回下ろすときに手数料がかかること。

銀行によって引き出し手数料は違います。

僕は住信SBIネット銀行のデビットカードをたまに使用して海外のATMからおろします。

クレジットカードのキャッシングで現地で引き出す

こちらも海外のATMからのキャッシングですが、クレジットカードでの利用となります。

ですので、日本の銀行口座からそのまま残高が引かれることがないので、引き出した分は毎月のクレジットカードの請求と共に支払います。

上記でも述べましたが注意してほしいのは、カードによってはキャッシング利用枠というのがきめられており、またリボ払いになっているものもあります。

ですので、クレジットカードでキャッシングした際は帰国したときにまとめて全額支払うようにすれば問題ないです。

ちなみに海外では「アメリカン・エキスプレス」と「ダイナースクラブカード」は対応しているお店が少ない国が多く、手数料も高いので海外向きではありません。

一応アメリカン・エキスプレスは僕も使用していますが、主に国内空港ラウンジ用とプライオリティパス用に所持しています。

ロシアに行った際はアメリカン・エキスプレスはただのプラスチックと化しました。

クレジットカードの海外でかかる手数料

これはカードブランドによりけりですが、海外で「アメリカン・エキスプレス」は2%で一番高く、「ダイナースクラブカード」は1.3%と低いが利用できるお店が少ないのでおすすめしません。

手数料に関しては「Visa」「Mastercard」「JCB」が1.6%前後となっております。

ただ正直なところ、どのブランドも大差はないので海外では手数料よりもカードの対応可能店舗数のほうが重要です。

為替レートもクレジットカード手数料もカードブランドによって違いますが、例えば10万円購入した場合には違いは約300円ほどの違いしかありません

なのでそれよりも、使いやすさ、付帯特典、カードのデザインなどを考慮したほうが満足度は高いと僕は思います。

海外でクレジットカードを使用するリスク

海外でクレジットカードを使うリスク(スキミングや盗難など)は少なからずありますが、これはきちんと気おつけていれば、ほとんど問題にはなりません。

どのようにすればいいのかというと、怪しいお店ではクレジットカードは使用しないATMを使う際は周りに人が居ないか確認するといった初歩的なことを守っていれば犯罪に遭う確率もグッと減ります。

まとめ

結論としてはやはりクレジットカード1枚だけ海外へ行くのはなんとも心細いので、2枚以上+現地で現金調達をできるように準備していくと安心です。

いつも読んで下さりありがとうございます🙇🏻‍♂️


✔️おすすめカード一覧

カード名 年会費 備考
三井住友カード 初年度無料   海外旅行傷害保険最高2,000万円
楽天カード  無料  海外旅行保険3ヶ月
アメリカンエキスプレス  12,000円〜  ラウンジ
楽天プレミアムカード  10,800円  プライオリティパス
Booking.comカード  無料  ホテル予約割引