香港でローカルな朝食が食べたいならオーストラリア ディリー カンパニーが九龍でおすすめ【Australia Dairy Company】


こんにちは、ユウスケです。

今回ご紹介するのは香港の九龍側にあり、口コミ評価も高い「オーストラリア ディリー カンパニー」(澳洲牛奶公司)(Australia Dairy Co.)です。

僕はちょうど近くのホテルに滞在していたので朝食がてら行ってみましたが、ローカルの方が95%くらいでちょっと躊躇しましたが、英語も通じたし、美味しかったので勇気をちょっと出して行って良かったです。

これから初めていかれる方にもわかりやすいように店内の様子やメニューなどをご紹介致します。

SPONSORED LINK

オーストラリア ディリー カンパニーの行き方

最寄り駅は「MTR佐敦站」(Jordan Station)から徒歩1分という立地の良さです。

ちなみに僕の泊まっていた「ノボテル香港(レビュー記事)」からは徒歩6分、ナイトマーケットのある男人街までも徒歩5分と香港に初めていく方にもおすすめのホテルですので、まだ滞在先を決めてない方は是非。

オーストラリア ディリー カンパニーの様子

外観はこんな感じで黄色い看板が目印です。

朝10時半くらいだったはずですが、5人くらい並んでいました。

もともと乳製品の会社なので牛乳も売ってました。

いろいろ見てると客の回転も早く5分くらい待ってすぐに入店できました。

店内はこんな感じで混雑しており、僕たちは相席になりました。

ユウスケ
香港では相席になることが多く、相席に慣れていない僕は若干気まずかったです

ちょっとわかりずらいのですが、これが相席になった4人掛けのテーブルです。

このテーブルの幅が結構狭くて前に座っている人と同じタイミングでスープを飲むと頭がぶつかるレベルです笑

オーストラリア ディリー カンパニーのメニュー

壁にもメニューはありますが、読めませんでした。

1970年からやっているみたいです。

僕は右側にある「Breakfast Set」を注文しました。($38 = 約570円)

ほとんどの方がこのセットを食べていました。

セット内容は以下から選んで注文します。

「食パン」か「バタートースト」
「目玉焼き」か「スクランブルエッグ」
「コーヒー」か「ミルクティー」から選べます。

これに加えて「チキンスープにハムとマカロニが入った独特な食べ物」が付いてきます。

香港在住の友人はフレンチトーストとミルクティーを注文。(ローカルフードをあえて頼まないローカル人)

注文してから速攻来ました。そしてテーブル一杯です。

右側にあるスープに浸かっているマカロニ料理ですが、見た目こそ微妙ですが味は普通に美味しかったです。

フレンチトーストも美味しそうでした。

ご覧の通り僕の頼んだ「Breakfast Set」はボリュームが凄くて、これを二人分注文するとちょっと多いと思うので、2人で行く方は一人は単品でフレンチトーストとかを頼んだほうが良いとおもいます。

まとめ

以上、オーストラリア ディリー カンパニーの朝食でしたがいかがでしたでしょうか。

ボリュームもあって安くて美味しい、まさにローカルフードを堪能できるレストランでした。

近くに滞在する予定の方は是非行ってみてください!

いつも読んで下さりありがとうございます🙇🏻‍♂️

香港スターフェリーで観光ついでに海を渡ってみた【乗り場・料金・時刻表】

2019年5月2日

【香港 SIMカード】僕がアマゾンで購入して実際に現地で使ったおすすめのものをご紹介【格安・快適】

2019年5月1日
香港ティムチャイキーの店先

香港で美味しい海老ワンタン麺を食べたいならティムチャイキーに行くべし【実際に行ってみた】

2019年4月14日
人気記事①海外に行くならクレジットカードは2枚以上持つべき

人気記事②アマゾンで年間76万円使った僕がオススメする海外旅行で便利なモノ7選



SPONSORED LINK



SPONSORED LINK


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です