【2021年】オーストラリアの1ヶ月の生活費(家賃、食費、物価など)をざっくりまとめてみました【ワーホリ、留学する方必見】


こんにちは、ユウスケ(@toriaezutabi)です!

今回はオーストラリアにワーホリや留学などで行かれる方に向けて「1ヶ月の生活費(家賃、食費、物価など)」をざっくりまとめてみました!

僕自身もオーストラリアに住んで約9年ほどになるので実生活を元によりリアルな数字をお伝えできると思います。

結論を先に少し書くと、1ヶ月だいたい8万5千円ほどあれば普通にシェアハウスで暮らせます

SPONSORED LINK

オーストラリアでの1ヶ月あたりの生活費とその相場

オーストラリアに住むにあたってまず以下の費用が毎月かかります。(シェアハウスを基準にしています)

☞毎月かかる費用
  • 家賃
  • 携帯代
  • インターネット代(家賃に含まれる場合あり)
  • 光熱費(家賃に含まれる場合あり)

インターネット代光熱費に関してはシェアハウスをする場合は家賃に含まれている場合がほとんどですが、契約する際には必ず確認しましょう。

それでは一つずつ詳しい値段を見ていきます。

オーストラリア 1ヶ月の家賃相場

以下に家賃の相場をシェアハウスのタイプごとに大まかに分けました。

☞2LDK シェアハウスの場合①

自分専用の部屋・自分専用のバスルーム

1ヶ月あたりおよそ:$720(約57,000円)

☞2LDK シェアハウスの場合②

自分専用の部屋・共用のバスルーム

1ヶ月あたりおよそ:$600(約47,000円)

☞2LDK ルームシェアの場合

共用の部屋・共用のバスルーム

1ヶ月あたりおよそ:$400(約31,000円)

このようにシェアハウスでも住むタイプによって1ヶ月の金額も変わってきます。

この値段は平均的なものなので、例えばシドニーの立地が良く、おしゃれなところだとプラスで月2〜3万円くらいはかかります。

ただシドニーでも市街から離れたところに行けば家賃も下がりますが、ブリスベンやメルボルンに比べると家賃は割高です。

ユウスケ
ちなみに一人暮らしをする場合は一般的に家賃は週$350〜で、高級マンションとかだと週$500〜が相場となっています。

なので一人暮らしの場合、毎月$2,000ほど(約16万円)は最低必要になります。

オーストラリア インターネットと光熱費の相場

家賃に加えて、シェアハウスオーナーにもよりますがインターネット代光熱費を別途請求される場合もあります。

その際の月々の目安としてはインターネット代が$20〜$40光熱費が$50〜$100が一般的だと思いますが、シェアハウスの場合は家賃に含まれているのがほとんどです。

後々トラブルになるのを回避するために、契約するときは口頭ではなく書面にのこしてもらうのがおすすめです。

オーストラリア 1ヶ月の携帯代

携帯代はiphoneなどを現地でキャリア契約しない限りは安く済みます。

僕がオーストラリアで使用しているキャリアは「Circle Life」というところのプリペイドプランです。

☞1ヶ月の携帯代

容量:100GB/月

料金:$38(約3,000円)

このプランで電話番号ももらえるし、100GBもあるので1ヶ月余裕で快適に過ごせます。

100GBもいらない方は違うプランもあり、下の記事で割引コードも紹介してるのでぜひ!

【オーストラリア】データ容量が100GBで月$38の格安SIMカードを見つけました

2020年11月24日

オーストラリアでの食費と娯楽費

オーストラリアの食費は日本と比べるとちょっとだけ高いです。

ちなみに外食が高い理由は主に人件費のせいだと思います。

オーストラリアの最低賃金は世界一高いと言われています。

ユウスケ
オーストラリアの時給に関しては以下の記事で詳しく書いています。

【2021年】オーストラリアの最低賃金は1,850円だけど、実際には厳しい話【ワーホリ・留学】

2020年9月23日

外食費の目安

ちょっとオシャレなこのようなハンバーガーレストランの場合、飲み物とセットで頼むと
$24(約1,900円)ほど。

ちょっと高いです。

オーストラリアの平均時給が$20前後あるので、現地の方からしたら1時間労働分という感じです。

ただ、マクドナルドとかだと$1ハンバーガーとかもよくやっています。

日本風居酒屋なんかに行くと大体$40〜$80(約3,200円〜約6,400円)くらいになります。

ビール1杯:約650円
枝豆:約500円
お刺身:約1600円

このようにオーストラリアの日本食は日本人からすると割高に感じると思います。

自炊する場合の目安

外食は高めの設定になっているオーストラリアですが、自炊すれば意外と食費も抑えることが可能です。

仮に毎日自炊した場合は人にもよりますが食費は1日$10ドル x 31日で月$300、(約2万円)ほどかと思います。

以下にオーストラリアならどこにでもあるスーパーマーケット「Coles」の大体の値段を記載しました。

牛乳1L  約100円
鶏胸肉1kg  約700円
アボカド1個  約100円
ぶどう一房  約400円
コーラ2L  約200円
お米 5kg
 約700円
食器洗剤機タブレット18個入り  約900円

僕はジムが趣味なのですが、牛乳や鶏肉なども大容量で普通のスーパーに売っているのでそこは非常に助かっています。

まとめ(1ヶ月での生活費合計)

以上から1ヶ月の平均生活費はこのようになります。

  • 家賃(じぶん専用の部屋、共用バスルーム)47,000円
  • 食費(月4回の外食含む)35,000円
  • 携帯代3,000円

= 85,000円/月 

となります。

もちろん共用バスルームか専用バスルームかどうかや、外食頻度によって変動はありますが大体は「7万円〜10万円」のあたりに収まると思います。

アルバイトをした場合の1ヶ月の稼ぎ目安

日本人の方が例えばですが飲食店でアルバイトをした場合、1日8時間、週5日働くとすると月で大体$2,800(約220,000円)の稼ぎになるので約1/3を生活費に当てることになり、残りは貯金にできます。

生活費は安いとは言えないオーストラリアですが、アルバイトさえ見つければ時給も高いので割と余裕のある生活が送れるはずです!

以下の記事では英語のレベル別で就きやすい仕事をご紹介しています。

【経験者が語る】海外で働くのに必要な英語力はどれくらいか【レベル別】

2019年6月27日

これからオーストラリアに来られる方の参考に少しでもなれば幸いです!

いつも読んで下さりありがとうございます🙇🏻‍♂️





SPONSORED LINK


SPONSORED LINK


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です