オーストラリアで家を借りる際の詐欺に注意【シェアハウス、アパートメント】


こんにちは、ユウスケです!

この記事では「オーストラリアで家を借りる際に注意するべき詐欺」についてご紹介しています。

特に多いのが「敷金詐欺」で、日本人が詐欺に巻き込まれるケースが多発しているので、これからオーストラリアへ来られる方の参考になれば幸いです。

SPONSORED LINK

オーストラリアで家を借りる際の詐欺に注意【シェアハウス、アパートメント】

オーストラリアで家を借りるときによくある詐欺は以下のような手口です。

☞よくある手口

オシャレな部屋の写真を掲載した条件の良い物件で、

部屋の内見は絶対にさせてくれず、契約のために敷金を要求してくる。

そして敷金を支払った後はそのまま音信不通になるケース。

日本人が巻き込まれる詐欺としてはほとんどこの手口です。

僕も学生時代に友人が危うく騙されそうになってました。

家を早く決めなければいけない状況にあるオーストラリアに来たばかりの人などは特に騙されやすいです。

詳しい詐欺の手口

オーストラリアでもシェアハウスなど家を探すにはオンラインで探すのが一般的です。

日本語のサイトだと日豪プレスやチアーズ、豪サイトだとFlatmatesという所などが有名で詐欺ではない物件がほとんどです。

オンラインサイトでは賃貸物件が写真と共に掲載されており、希望の物件があればこちらから連絡して部屋の内見をさせてもらい、気に入れば敷金を支払い、最後に鍵をもらう。

というのが一般的な流れです。

補足
敷金と礼金について:オーストラリアでは礼金制度は基本的にはなく、敷金のみ要求してくる物件がほとんどです。一般的な敷金は家賃の2週間〜4週間分くらいが妥当な金額となっています。

ただ、詐欺の場合だと「部屋の内見」は絶対にさせてくれません。

理由は単純に「家自体が存在しないから」です。

内見させてほしいとお願いしても詐欺師からの返答としては「今違う州(あるいは違う国)にいるから内見はさせれない」

というのが常套文句です。

騙されてしまうポイント

騙されやすいポイントは3つです。

☞騙されやすいポイント
  1. 部屋が綺麗な割に家賃が安い
  2. 早く契約しないと違う人に取られてしまうと軽く脅される
  3. 家の住所自体は実際にある

このような3つのポイントに加えて部屋を内見(実際に行って部屋を見ること)させてくれないのであれば詐欺の可能性99%くらいです。

オーストラリアに来たばかりの方はできるだけ早く、綺麗で条件の良い家を探したいと思います。

僕も学生の頃シェアハウスを探していましたが、家賃も安くて、立地も良い所はほとんどありませんでした。

なのでそこにつけこまれて騙される人が多いです。

しかもグーグルストリートで家を調べても、詐欺に利用されている住所は本物なので家自体はあります。(詐欺に利用されている全く関係のない家)

オーストラリアで騙されないためには?

詐欺にあわない唯一の方法は「絶対に部屋の内見をする」ことです。

実際にオーナーにも会えて、部屋も見せてくれる場合は詐欺の可能性はほとんどありません。

本物の物件であれば向こうから「都合の良い内見したい日はある?」と聞いてくれます。

あと、もし本物の物件でも契約する際は口頭契約ではなく書面にサインしたり、敷金は現金払いではなく銀行送金にしたりするのがおすすめです。

なにかしら履歴や証拠が残る方法で行うと後々トラブルが少ないです。

もし敷金を現金で支払っていたりすると物件を退去する際に「そんなのもらってないよ〜」とトラブルに巻き込まれる可能性もあります。

なので敷金は絶対に現金では渡さないようにしましょう

まとめ

以上、「オーストラリアで家を借りる際に注意するべき詐欺」についてでした!

弱みにつけこんでくるとんでもない悪い人はオーストラリアにもゴロゴロいます。

敷金を支払ってしまった後では警察もなかなか動きにくく、取り返せる可能性は低くなりますので、家を借りる際はより注意して選んでみてください。

いつも読んで下さりありがとうございます🙇🏻‍♂️





SPONSORED LINK


SPONSORED LINK


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です