オーストラリアからジェットスター国際線のビジネスクラスで日本に帰国してみた。


こんにちは、ユウスケです。

今回はオーストラリアから帰国する際に利用したジェットスターのビジネスクラス(スタークラス)の感想をご紹介します。

今回の旅では預け入れ荷物が多かったのがビジネスクラスにした主な理由です。

また、ビジネスクラスとは行っても格安航空会社(LCC)ですのでJALやANAなどのそれとは全く違いました。

SPONSORED LINK

ビジネスクラスの座席はこのような感じです。

座席は 2席・3席・2席 の配置になっており全体で21席です。

アメニティーキット、枕、ブランケット等もそれぞれ用意されていました。

僕の席は右側一番前の所でしたのでレッグスペースはかなりありました。
ちなみにこのビジネスクラスの座席は1つ欠点がありました。それは後ほどお伝えします。

着席するとシャンパンかオレンジジュースを頂けるとのことでしたので、シャンパンをお願いしました。

普段はあまりお酒を飲まない僕ですが、見えを張って「シャンパンでお願いしますっ。」と言ってしまいました。

見えを張ったのですでにほろ酔いで離陸。

少し霧がかっていましたが、オーストラリアの海はエメラルドグリーンで綺麗でした。

離陸後のスナックと食事

フライト中に提供されたサービスは、

ウェルカムドリンク→軽食→夕食→デザート(軽食)

の順番で提供されました。別途ポテトチップスやチョコレートバーなども頼めば頂けました。

軽食

離陸後にはドリンクとプレッツェルを頂きました。(素直にソフトドリンクに切り替えました)

映画などを見るエンターテイメントシステムは一番前の席なので収納式になっておりました。

これがすこし煩わしく、食事が来るときや、立ち上がるときに邪魔になりました。

【海外旅行】飛行機の暇つぶしには「U-NEXT」がおすすめ【映画・雑誌】

2019年7月31日

僕のように、よく席を外したい方は一番前よりも後方のほうが良いかもしれません。
レッグスペースは後方の座席も十分広かったです。

夕食

夕食にはポーク照り焼きソテー的なものを頼みました。

味付けは濃い目でしたが、完食しました。

着陸前のデザートと軽食

暗くて見にくく、申し訳ないですがデザートのチョコレートケーキと揚げたお魚に緑のものは辛いなにかでした。

正直この魚がフライト中で一番美味しかったです!

ビジネスクラスの座席の欠点

さきほども述べましたが、ジェットスターのビジネスクラスの座席には欠点があります。(隣に人が居ないときだけ現れる欠点です)

それは、肘掛けが上がらない仕様です。

僕の場合、隣には誰もいなかったのですが肘掛けが上がらない為、2席分のスペースを広く使うことが出来ませんでした。

座席はフルフラットにはもちろんなりません。

ビジネスクラスの肘掛けはエコノミーのそれとは違い、完全に隣と仕切られているので、肘掛けの下に空間はなく、壁になっています。
これで隣の人の体やシートベルトが当たらないなどの利点はありますが。。

最初はいいのですが、靴も脱いで足を曲げて胡座の態勢にしたくても肘掛けが上がらないので、態勢を変えることができなかったのが辛かったです。

ビジネスクラスの感想【結論】

今回は日本まで約8時間のフライトと長くはなかったですが、映画を見たり、お菓子とペプシでぐーたらしたりしていると案外あっという間でした。

ただ。。エコノミークラスとビジネスクラスの価格差は時期にもよりますが4万円から8万円ほどの違いなので8時間くらいのフライトならエコノミークラスでもよかったかな。という感想です。

ビジネスクラスだと、確かに混雑などからのストレスが軽減されるメリットはありますし、機内食などのサービスももちろんエコノミーのものとは違うので人それぞれどこに重点を置くかでビジネスクラスにするべきかどうか選べば良いのかなと思います。

いつも読んで下さりありがとうございます🙇🏻‍♂️

ユウスケ
胡座なんてかかない、という方も多いとおもいますが僕の場合日中のフライトならエコノミークラスでもいいかな(夜便ならビジネスにします)、という感想でした。少しでもこれから利用する方の参考になれば幸いです!

カンタス航空のビジネスクラスで成田からオーストラリアのシドニーへ【機内レビュー】

2019年2月6日

ケアンズのプライオリティパスラウンジに行ってきたのでレビュー【リーフラウンジ】

2019年2月5日
人気記事①海外に行くならクレジットカードは2枚以上持つべき

人気記事②アマゾンで年間76万円使った僕がオススメする海外旅行で便利なモノ7選



SPONSORED LINK



SPONSORED LINK


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です