香港の超人気カフェに朝食を食べに行ってきた【ザ カッピングルーム】

香港のザ カッピングルームのお店前の様子


こんにちは、ユウスケ(@toriaezutabi)です!

香港に旅行へ来て早くも2週間が経過しようとしています。

今回は、最近見つけた(インスタで話題になっていた)人気っぽいカフェ「ザ カッピングルーム」(The Cupping Room)に朝食を食べに行ってきましたのでご紹介します!

行ってきた感想は、

「オシャレだし、コーヒーも美味しかったけど、混雑具合と値段が少し高いのがネック」です。

それでは詳しくは以下でどうぞ!

SPONSORED LINK

ザ カッピングルームへのアクセス

ザ カッピングルームは合計4店舗あります。(すべて香港島側)

僕の場合は「イビス香港セントラル(レビュー記事)」に滞在していたので「文武廟」に朝行った後に徒歩で「ザ カッピングルーム(マップ上リスト一番上)」まで行きましたが、最寄り駅の「MRT上環(シェンワン)」からだと徒歩4分です。

マップにも追加してありますが個別にグーグルマップでご覧になりたい方はコチラからどうぞ。

ザ カッピングルーム >> Google Mapで見る
ザ カッピングルーム ワンチャイ >> Google Mapで見る
ザ カッピングルーム セントラル >> Google Mapで見る
ザ カッピングルーム ロースタリー >> Google Mapで見る

営業時間

基本的にすべての店舗は同じ営業時間になっています。

平日 : 8am 〜5pm
週末、祝日 : 9am 〜 6pm

ロースタリー店のみ平日9am〜です。

ザ カッピングルームの店内の様子

僕が行った11時頃でほぼ満席でした。

運良く2席空いたので、スムーズに入れました。

外にも待つ用のイスがあるので、ランチ帯とかだとかなり忙しいのかも。

香港のカッピングルームの店内の様子1

店内は1階のみで、2人用のテーブル席、カウンター、あとは長机をシェアするような感じでした。

ユウスケ
日本だと相席はあまりないですが、香港だと結構あります
香港のカッピングルームの店内の様子2

店内は少し薄暗く、混雑していたせいか若干ガヤガヤしていました。

客層も外国人の方が多かったです。

値段なども少し割高なので、どちらかというと旅行客向けのカフェだと思います。

香港のカッピングルームの店内の様子3
香港のカッピングルームの店内の様子4
香港のカッピングルームの店内の様子5
香港のカッピングルームのお持ち帰り用のコーヒー豆

お持ち帰り用にコーヒー豆も売っていました。

カッピングルームのコーヒーとトースト

香港のカッピングルームのカプチーノ

僕はコーヒーとエッグトーストを注文。

香港のカッピングルームのトースト1

良い感じに盛りつけされてます。

香港のカッピングルームのトースト2

インスタ映えする見た目ですが、

見た目の美味しそう度が「10点満点」だとすると実際の味は「7点」といった感じで普通のトーストとエッグです。

料金表

香港のカッピングルームのメニュー1

価格は日本人感覚だと少しだけ高いかなという印象でした。

僕の「EGG ON TOAST(メニュー中央右下)」は$68(約950円)

これにベーコン乗せると約1,400円。
アボカド乗せると約1,500円になります。

トーストと考えると少し高いけど、人気店なので仕方なし。

香港のカッピングルームのメニュー2

コーヒーは「WHITE REGULAR」のカプチーノで1杯$40(約560円)でした。

まとめ

以上、ザ カッピングルームをご紹介させて頂きました。

コーヒーも美味しく、オシャレなカフェでアクセスも良いので、香港でおすすめできるカフェです🙂

いつも読んで下さりありがとうございます🙇🏻‍♂️





SPONSORED LINK


SPONSORED LINK


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です