【香港 ナイトマーケット】カオスな男人街で食べるべきおすすめの屋台とスイーツをご紹介【2019年】


こんにちは、ユウスケです。

今回は香港で欠かせないナイトマーケットである「男人街」(テンプルストリート)へ行った際の様子をご紹介致します。

男人街には色々な雑貨屋さんや屋台があり、そこまで広くはないスポットですが見て回るだけでも楽しい場所でした。

また後ほどご紹介しますが、ここで食べた「焼きそば」と「ビール」がマジで最高でした😋

SPONSORED LINK

男人街(テンプルストリート)へのアクセス

一応最寄り駅は「MTR佐敦駅(Jordan駅)」でそこから徒歩2分ですが、男人街(テンプルストリート)自体が「長い通り」のため油麻地(Yau Ma Tei)からでもマーケットに入ることもできます。

僕は九龍側にいるときは「ノボテル香港(レビュー記事)」に滞在していたのでそこから男人街まで徒歩5分と観光に便利な場所でした。

営業時間に注意

ネットでは昼の14時からオープンしていると記載してあり、僕はその情報を元に15時に行きましたが、ほとんどのお店(主に出店)が開いていませんでした。(ナイトマーケットにお昼に行ってみるバカは僕です。)

なのでおすすめの訪問時間帯は夕方18時以降です。

この時間になればお店もほとんどの所が開いているはずです。

男人街(テンプルストリート)の中の様子

香港男人街の入り口の門の様子

この門は「MTR佐敦駅(Jordan駅)」から来た際に入る門です。

門には「廟街」(Temple Street)と書かれてあります。

僕のインスタ(香港編)もそうですが、香港は赤色が多い気がする。

香港男人街の中の様子1

門を進むと屋台などがあります。

香港男人街の中の様子2

男人街は「真っ直ぐな一本道」というわけではなく、いくつかの通りがあるのですが僕は寄り道しすぎて通りの最後まで行ってないかも。笑

通り自体が長いので来た道をもどるのは少し億劫になります。

香港男人街の中の様子3
香港男人街の中の様子4

男人街はよりアジアの混沌とした雰囲気を楽しめます。

香港男人街の中の様子5

どこもかしこも看板がカラフルです。

出店の様子

香港男人街の出店の様子1

男人街の出店の通りはこのように歩く幅が狭くなるので、スリなどに気をつけましょう。

人が多い19〜21時頃にはこの写真よりもさらに混雑していて、体がぶつかるくらいの混雑具合です。

香港男人街の出店の様子2

空いているときはこんな感じです。

香港男人街の出店の様子3

出店には服や小物、ブランド品の偽物、著作権がどうなのか気になるアニメのキャラクターなどが売ってありました。

値引き交渉している方もいました。

バンコクのナイトマーケットに比べるとお店の数や値引きのしやすさなどは劣るかもしれませんが、香港は客引きが優しい感じがしました。

おすすめの屋台はTong Taiレストラン

香港男人街のTong Tai Seafoodレストランの様子1

歩き疲れたらここでビールでも飲んで一服しましょう。

僕はここでアジア風焼きそばとビールを注文しましたが、マーケットの歩き疲れもあり、めちゃくちゃウマかったです🍺

香港男人街のTong Tai Seafoodレストランの様子2

お店は簡易式ですが、メニューも豊富で味もしっかりしています。

夕食前のツマミでも、夕食としてでも満足できます。

香港男人街のTong Tai Seafoodレストランの様子3
香港男人街のTong Tai Seafoodレストランの様子4
香港男人街のTong Tai Seafoodレストランのメニュー

メニューに日本語はありませんでしたが、大きい写真がお店のいたるところにあったので僕は指差しで注文しました。

香港男人街のTong Tai Seafoodレストランの様子5

僕が注文した焼きそば(鼓油王炒麺)と青島ビール。

疲れた後のこの組み合わせはマジで最高です。

香港男人街のTong Tai Seafoodレストランの様子6

麺は油っこいですが、野菜たっぷりです。

焼きそば$58(約820円)です。

香港男人街のTong Tai Seafoodレストランの様子7

青島ビールは缶と瓶ビールがあり、これはたしか約600円ほどでした。

Tong Taiレストランへの行き方はさきほどの入り口の門から真っ直ぐ進み徒歩2分です。

おすすめのスイーツは媽咪雞蛋仔(Mammy Pancake)

香港男人街の媽咪雞蛋仔(Mammy Pancake)の様子1

焼きそばとビールをつまんだ後はデザートにここMammy Pancakeのカステラを食べました。(食べ合わせどうなの? という疑問はとりあえず置いとかせてください。)

香港男人街の媽咪雞蛋仔(Mammy Pancake)の様子2

僕はカステラ目当てで行きましたが、ドリンクも結構な種類がありました。

香港男人街の媽咪雞蛋仔(Mammy Pancake)の様子3

こちらも日本語メニューはありませんでしたが、写真があるので問題なし。

香港に来て最初のカステラだったので、とりあえず一番シンプルなものを注文。

香港男人街の媽咪雞蛋仔(Mammy Pancake)の様子4

皆がこうして撮影していたので僕も真似しました笑

香港男人街の媽咪雞蛋仔(Mammy Pancake)のカステラ

日本のカステラと違い全部がくっついており、サイズも一回り小さめです。

味はさっぱりしていて、美味しかったです。

この一番シンプルなもので$20(約300円)とお手頃です。

2回目に行ったときはこのチョコレート味を注文し、僕はそっちのが好みでしたが一回目はシンプルが良いと思います。

媽咪雞蛋仔(Mammy Pancake)の場所は最初の門を入ってすぐ左手に見えています。

まとめ

以上、男人街(テンプルストリート)の様子とおすすめの屋台とスイーツをご紹介させて頂きました。

香港へ行かれる際は是非アジアの混沌とした雰囲気が楽しめる男人街に立ち寄ってみてください。

いつも読んで下さりありがとうございます🙇🏻‍♂️

香港スターフェリーで観光ついでに海を渡ってみた【乗り場・料金・時刻表】

2019年5月2日

【香港 SIMカード】僕がアマゾンで購入して実際に現地で使ったおすすめのものをご紹介【格安・快適】

2019年5月1日
人気記事①海外に行くならクレジットカードは2枚以上持つべき

人気記事②アマゾンで年間76万円使った僕がオススメする海外旅行で便利なモノ7選



SPONSORED LINK



SPONSORED LINK


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です