【経験者が語る】海外で働くのに必要な英語力はどれくらいか【レベル別】


こんにちは、ユウスケです。

海外で働きたいけど、実際のところ英語力がどれくらい必要なのかと疑問に思っている方も多いと思います。

☞このような疑問にお答えします
  • 海外で働くのに必要な英語力を知りたい
  • 自分の英語力でどんな仕事ができるのか知りたい

この記事を書いている僕は海外で皿洗いからスタートしましたが、最終的には英語力はTOEIC900点で、海外就職、起業もできました。

正直なところTOEIC満点、英検1級だからといって海外で就職できるとは限りませんが、ただ目安として今回は英語のレベル別に、どのような仕事に就きやすいのかもご紹介致します。

SPONSORED LINK

海外で働くのに必要な英語力とは

ペラペラで、TOEICも900点、英検1級ないと英語圏で働くのは無理。

ということは全くありません。

ぶっちゃけると英語力ゼロでも働けますし、収入も確保できます。

例えばローカルのレストランの場合

「キッチンハンド」(皿洗い) = 英語力はほぼ必要なし
「ウェイター」 = 注文、会計をこなせるレベルが必要

このように職種、ポジションごとに必要な英語力も違います。

もちろん英語力があると選択肢は広がりますが、必ずしも収入が比例して高くなるとは限りません。

「皿洗い」のほうが「ウェイター」よりも稼げることもあります。(勤務時間が多く貰えたので実際オーストラリアの僕の経験ではそうでした)

なので、まずは自分がどういった仕事ならしたいのか、どういった仕事はしたくないのかを明確にしておくのもおすすめです。

英語力初級で働きやすい海外の仕事

英語力初級は英検4級、TOEIC400点あたりを基準にしています。

働きやすい仕事

「キッチンハンド(皿洗い)」

「ピザ屋のデリバリー」(自転車が支給されます)

「日本食レストランの店員さん」

とこのようになります。

最近ではウーバーイーツなどの個人でできる配達業務なども海外で気軽にでき、英語力初級の方でも取り組みやすいものが多くなったと思います。

ちなみに僕の海外初仕事は「皿洗い」からスタートしました。

正直やりたくありませんでしたが、オーストラリアの時給は高く($20くらいでした)、学生のときでも結構稼げていました。

ユウスケ
オーストラリアのアルバイトは土日、祝日は時給が1.5〜2倍ほどにもなりかなり稼げます。

【オーストラリア】ワーホリ1年間で100万円の貯金を作るには【解説】

2019年3月22日

英語力中級で働きやすい海外の仕事

英語力中級は英検3級、TOEIC500点〜700点あたりを基準にしています。

働きやすい仕事

「ローカルレストランでのウェイター・ウェイトレス」

「日本人向けツアーガイド」

「現地留学エージェントなどのスタッフ」

このような職種では英語でのコミュニケーションがある程度できれば問題なしです。

僕はレストランでのウェイターも経験しました。

お客さんと会話する場面も結構あり、わからないときも正直ありましたがそれでクビにされたり、怒鳴られるといったことはなかったです。

賃金をもらいつつ「ネイティブの方と会話」できるので英語力も向上し一石二鳥の環境です。

ユウスケ
海外で働きながら、英語力も鍛えたい場合は「日常英会話は50%くらいは理解できる程度」まで仕上げていると仕事でネイティブと接する機会も多くもらえるので英語力が上達しやすいはずです。

英語力上級で働きやすい海外の仕事

英語力上級は英検準1級以上、TOEIC900点以上を基準にしています。

働きやすい仕事

「個人のスキルによるが、基本的には全職種」

英語ペラペラの方は基本的にはどんな職業でも可能ですが「個人のスキル」がどれくらいあるのかが重要です。

現地の英語ペラペラの人とポジションを争うので厳しいこともありますが、日本語が話せるという利点がこちらにはあるので、会社によっては有利になることも多々あります。

僕はTOIEC900点で、日常英会話は99%(たまに知らない単語とか熟語に出くわします)くらいは理解できます。

ただ、発音の方は得意ではなく、日本人まるだしといったアクセントです。

そんな僕でもネイティブと同等の立場で仕事ができるので、もし英語の発音で悩んでいる方がいらっしゃれば「仕事上では全く気にする必要はなし」と断言できます。

【英会話のコツ】日本語アクセントの英語を話してるとバカにされるって本当?

2019年3月2日

チェックすべき海外就職のための求人サイト

日本にいながらでも海外の就職先は探せるので、以下大手のサイトをピックアップしました。


リクルートエージェント | 海外就職

ABROADERS CAREER | アジアの求人


→どちらも登録、相談ともに無料です。

実際に自ら現地に行かないとわからないこともありますが、経験者の方に無料で相談できるようなので登録してみて損はないです。

まとめ:英語をできるだけ上達させておくこと

英語力があることにこしたことはありません。

その分仕事の可能性も広がりますが、コミュニケーションが取れるのでなにより楽しいです。

留学であれ、ワーホリであれ海外に行ける可能性のある方はとても恵まれていると思うのでその機会を最大限に活用して英語力を伸ばして下さい。

英語が苦手、嫌いな方は是非以下の記事もご覧ください。

【英語初心者向け】23歳でTOEIC900点を取った僕がおすすめする英語の本と勉強法

2019年2月18日

オーストラリアは最近ワーホリの法律が変わって最大で3年間も滞在できるようになりましたのでおすすめの国です。

【個人で取得した僕の感想】オーストラリアのワーホリの申請や費用って実際問題どうなの?

2019年2月28日

それでは今回は以上になります。

いつも読んで下さりありがとうございます🙇🏻‍♂️





SPONSORED LINK


SPONSORED LINK


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です