【オーストラリア】カジュアル・パートタイム・フルタイムの待遇の違いを解説


こんにちは、ユウスケです!

いきなりですが、オーストラリアには3つの雇用形態があります。

  1. カジュアル(Casual)
  2. パートタイム(Part-time)
  3. フルタイム(Full-time)

この記事ではそれぞれの最低賃金や待遇などを詳しくまとめましたので、これからオーストラリアで職探しをする予定の方の参考になれば幸いです。

SPONSORED LINK

【オーストラリア】カジュアル・パートタイム・フルタイムの待遇の違いを解説

  カジュアル パートタイム フルタイム
 最低賃金 $24.36 $19.49 $19.49
 有給・病欠 なし あり あり
 就労時間の保証 なし 38時間以下 38時間以上

基本的な違いはこの表のようになっています。(2020年現在)

カジュアル → 日本のアルバイトと同じ

パート / フルタイム → 日本と同じ

大体このような解釈で問題なしですが、以下で詳しく解説しています。

カジュアルについて

カジュアルはパート/フルタイムの最低賃金の25%増しが設定されています。

そのかわり、有給・病欠手当はなく、即解雇もあったりします

カジュアルで特に恩恵を受けるのは祝日に働ける人です。

オーストラリアでカジュアルとして祝日、日曜日に働くと時給が2倍ほどになります。

なので祝日に8時間働くと、

($24.36 x 2)x 8時間 = $389も1日で貰えます。

ユウスケ
カジュアルでも稼ぎすぎると税金が累進課税で高くなるので、そこらへんは上手くやる必要があります。

ワーホリの方は週に約40時間働けます。

最低賃金で週40時間働くと、収入は週$974(約7万5千円)

月収にすると$3,900(約29万5千円)

年収にすると$46,000(約348万円)になりその場合の税金は

「$3,572 + $37,000を超えた額に対して32.5%」なので、約$6,500が税金となります。

これは単純な計算なので、あくまで額面に対する税金の目安ですが働きまくる予定の方は雇い主と税金に関して相談するのがおすすめです。

カジュアルの良い点は以下の通りです。

  • 時給が高く、働けば働くほど収入が上がる
  • 気に入らなければすぐ転職できる

パートタイムについて

パートタイムの最低賃金は$19.49とカジュアルよりも低いかわりに有給・病欠が使えます

ただし、週の勤務時間が38時間以内までとなっているので場合によってカジュアルよりも収入が少ないということも多々あります。

パートタイムを選ぶ方はなにかしらの理由で不規則でしか働けなかったり、なんの保障もないカジュアルよりもしっかりとした手当を得たい方にとっては良い雇用形態です。

パートタイムの良い点としては以下の通りです。

  • 有給・病欠手当がある
  • フレキシブルに働ける
  • 即解雇がない

フルタイムについて

フルタイムも一応最低賃金が設定されていますが、基本は年収ベースです。

有給・病欠もあり、週38時間以上の労働が確保されています。

またフルタイムのシフト制の職種で祝日や土日に働かなくてはいけない場合、カジュアルのように給料が2倍になったりすることはありません。

フルタイムの良い点としては以下の通りです。

  • 有給・病欠がある
  • 毎月決まった給料なので将来の計画が立てやすい
  • 即解雇がない
  • 安定した収入があるので、社会的信用が上がり家や車など色々と契約しやすい

まとめ

以上、オーストラリアでの3つの雇用形態についてご紹介させていただきました!

これからオーストラリアで働く予定の方の参考になれば幸いです。

いつも読んで下さりありがとうございます🙇🏻‍♂️





SPONSORED LINK


SPONSORED LINK


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です