格安で海外送金するにはワイズが最強(割引コードあり)記事を見てみる

【オーストラリア留学】最悪なホームステイ先に当たってしまった話【経験談】

こんにちは、ユウスケ(@toriaezutabi)です!

今回は僕がオーストラリアに1年間ほど留学した際に利用した「ホームステイ」の経験談や実態についてお話します。

丸々1年間ホームステイしていたわけではないのですが(最初の3ヶ月ほど)、最初は現地の生活に慣れやすいようにシェアハウスではなく、ホームステイを選択しました。

そして結論は「初日から最悪」でした笑

詳しくは以下からどうぞ。

目次

オーストラリアのホームステイの実態とは

まずはオーストラリアのホームステイの実態についてお話します。

日本でホームステイを受け入れる家庭、というのは比較的余裕のある家庭(泊まらせるスペースがあり、送迎、ご飯を作る時間などの環境が整っていること)が多いと思います。

しかし、オーストラリアは日本よりも「ホームステイ」をよりビジネスとして捉えています。

なぜビジネスになるのかというと、

ホームステイを1人受け入れると週に250ドル〜300ドルほど受け取れます。(実際に調べました)

食費は週50ドル〜70ドルほど一人の学生にかかるはずです。

そこから雑費を引いても1週間でホームステイ先には150ドル〜200ドルほどは手元に残る計算になり、結構な利益率です。

ホームステイ受け入れは気軽にできる

僕の友人の若い20代のカップルも家賃の助けになるからと、ホームステイを利用していました。

もちろんオーストラリアでのホームステイ受け入れ先の方でも異文化交流ということに重点を置いている家庭もたくさんあります。

ただ日本よりもビジネスの側面が大きい印象があります。(あくまで個人的感想ですが。。笑)

というわけで、オーストラリアでホームステイをする際には「ビジネス」でやっているんだ。ということを頭の隅にいれておけば僕みたいに失望することもなくなるはずです。

オーストラリアでのホームステイ【経験談】

僕のホームステイのイメージとしては、

フレンドリーに英語も話せて家族みたいに過ごせる

といった感じでワクワクしていました。

僕は中学生のときにアメリカに2週間だけの「なんちゃって留学」をしたのですが、そこでのホームステイが最高でまさに絵に書いたような「ザ・アットホーム」な家庭でした。

多分そこの印象が強くて僕が勝手にホームステイ = アットホームで優しい人達と勘違いしていたのかも。。

話をオーストラリアに戻しますが、僕のホームステイ先(50代くらいのホストの方が1人)は僕の勝手なイメージと真逆を行ってました。

(後日、他の学生と比べても僕のホームステイ先の環境は結構引かれました笑)

嫌だった点は以下の通りです。

  • ご飯が半端なく少ない
  • 部屋がホコリまみれ(蜘蛛の巣たくさん)
  • 食事は一人で
  • ホームステイの学生に興味がない
  • 20時を過ぎて帰宅するとガチギレ
  • ブランケットが薄すぎて寒い

と他にも細かくいろいろありますが、住ませてやってる感が半端なかったです。

ホームステイ初日の夕食

ご飯はおかわりはなく「うっっすいスープというかお湯、硬いパン、味のない野菜、缶からでてきたミートボール」(夕食)をごく少量づつみたいな感じでした。

僕は初日の夕食時に「オレ、オワッタナ」と絶望したのを鮮明に覚えています笑

これ以上を望むのは贅沢といえば贅沢かもしれませんが、こちらはもう少しマシなものを食べれるくらいの高いホームステイ代を払っているし、

お腹が満たされないのはきつかったです。

他になにか食べ物はないかときくとクラッカーとアメが支給されました。

初日から食事を同じテーブルで食べることはなかったし、話しかけようにもどこにいるかわからない、あるいは部屋にこもっている感じでした笑

友達のホームステイ先の環境

一般的にはホームステイ先の部屋は掃除されており、ご飯も一緒に食べてくれて会話もしてくれる。

というのが聞いた限りはそうでした。

車の送迎などは大学生なのでありませんでしたが、それでも休日海やマーケットに連れて行ってもらったりしている人も大勢いました。

ホームステイを2週間でチェンジ

というわけで寒いホコリまみれの部屋(冬でした)、料理がやばい、コミュニケーションをとってくれないホームステイ先だったので

1週間が経過したときにエージェンシーに連絡しホームステイ先をしかたなく変更してもらうことに。

ただ、変更するにはなぜか自分からも変更したい旨をホストに言わなければならず、結構気まずい思いもしました。

そこから1週間は気まずい雰囲気を耐え抜き、最後も特に見送りもなくエージェントが手配したタクシーで次のホームステイ先に向かいました。

次のホームステイ先は以前と比べると天国のようで、ご飯もおかわりがあるし(美味しいし)、テレビや映画も一緒に見ようと言ってくれたりして英語でコミュニケーションもとれてすごく楽しく過ごせました!

まとめ:ホームステイ先が嫌ならすぐ変えるべき

以上、僕のオーストラリアでのホームステイの経験談でした。

僕は慣れれば大丈夫かなと思い1週間は様子を見ましたが、さすがに家に帰るのが苦痛になってきて精神的にもきつかったのでエージェンシーに言って変更してもらいました。

ちょっと気に入らないからホームステイ先を何度も変更するのはどうかと思いますが、あまりにも精神的にきついときは遠慮せず、すぐに変更するのがおすすめです!

おまけ:海外へ行かれる方向けお金の持って行き方

おまけといってはなんですが、オーストラリアや海外へこれから行かれる方は生活費などを日本円から換金して持っていく必要があると思います。

当時の僕はとりあえず必要になるであろう豪ドルを日本の銀行で両替、足りなくなればクレジットカードの引き出しなどでやりくりしていました。

ただこれ、、、

めちゃくちゃ損します

為替レートが実際のものと結構違うし、手数料も数千円レベルです。

なのでこれから行かれる方が損をしないために。

海外送金をするには「ワイズ」を使ってください。

ワイズはオンライン両替サービスで、日本円を日本の銀行に入金するだけであとはオーストラリアで作った現地の銀行口座に豪ドルで、しかも最安のレートで入金してくれます。

これが2022年現在一番おトクでおすすめのお金の持って行き方です。

詳しい仕組みや使い方などは以下の記事で解説していますので是非!僕も愛用しています。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次