【ビギナー向け】23歳でTOEIC900点を取った僕がおすすめする英語の本と勉強法【英語が嫌いな人へ】


こんにちは。ユウスケです。

まずはじめに、この記事を読めばTOEIC900点が取れるといったものを紹介しているものではありませんので予めご了承下さい。

英語が嫌いな人、不得意、コツを知りたい、得意になるきっかけが欲しい。こういった方におすすめの記事となっております。

今回はブログの「旅」とは関係無いのですが、僕のプロフィールをご覧頂いた方はご存知かと思いますが学生時代、僕は英語のテストが赤点だらけでした。

高校1年生のときにいまからご紹介する本に出会いました。
それのおかげで英語のコツをつかみ、英語が得意教科になり、大学生のときにはTOEIC900点をとれるまでになりました。

今回は、英語嫌いの僕がそこまでのレベルへ辿りつけるきっかけをくれた本とその後の勉強法をご紹介します。

SPONSORED LINK

僕がどれほど英語が出来なかったのか

まずは僕の英語レベルがどれくらいだったのか説明します。

そんなの知りたくねぇ。。という方は目次から飛ばして大丈夫です。

僕は中学生のとき、英語は一番キライな教科でした。

得意教科は国語と歴史。

英語は中間テスト、期末テストでも赤点を連発し、そのため親まで学校に呼び出される事態にまで。

今となっては海外で英語でネイティブの方と仕事ができるまでになりましたが、大学に行くまでは「海外を一人旅したいなぁ」とか、「海外で働きたい」といった気持ちは全く無く、どうせ英語なんて必要ないでしょ。と思っていました。

「Be動詞」の意味がわかないほどで(「動詞」という表記に惑わされ、「動く」という意味での動詞なんだと勝手に解釈していたため。)

” I am do not “
とか普通にしてました。

前置詞も何を使えばいいのか法則がわけわからないし、過去完了形なんか「had had」。。have2回使ってますけど、は? 意味不明。といったレベルでした。。

今思えば英語を丸暗記しようとしていたのが悪いと感じます。

英語が得意になるきっかけになった本

学生時代はさすがに赤点だらけではマズいので、いろいろと参考書も買い試しましたがあまり効果は出ず。

この文法はこうなるから仕方ない。暗記しろ。といった具合の教材ばかりでした。

僕の英語はこの本に出会い、そこからメキメキと上達して行きました。

その本がコチラ。

「歌って覚える 英文法完全制覇」

僕が高校生のとき使っていた本なので結構古いものですが、効果は僕自身で実証済みですのでご安心を。

この本のおかげで僕は文法のコツ(骨組み)を理解することができ、その上に単語や熟語をどんどん積み重ねることができました。

この本に出会う前は英語文法本で有名な「Forest」などを使っていましたが、あれでは英語が嫌いになる一方でした。

ご紹介した本は「なんでそうなるの?」という僕の疑問に暗記しろではなく、理解できるように芯の部分が丁寧に解説がしてあり、さらにはCDまで付属してました。。(CDはあまり使用せずですが、何曲かは今でも思い出せます笑)

言語は日本語も英語もそうですが、肝心なことは暗記することではないです。

言語は数学のように問題を解く、といった感覚ではなく理解することが上達への1番の近道だと僕は思っています。

そのキッカケとしてこの本は今でも最適だと思っています。

例えばSVOC型という言葉を耳にしたことがあると思いますが、重要なのはその型を暗記して当てはめるのではなく、なぜその形になるのかを理解するということが重要であり、それをわかりやすくこの本では解説しています。

「過去完了形」も、「仮定法」もこの本で初めて理解しました。

本屋さんで立ち読みなどでも構わないので一度数ページほど読んでみて下さい。

TOEIC対策にはコレ

僕がTOEIC900点を取るまでの道順はこうでした。

「高校赤点→文法理解→単語熟語→留学(TOEIC対策)→TOEIC900点

TOEICの対策は留学先の友達が持っていた本で少しやりました。

その本は古かったので同じ著者の最新のものはコチラ。

正直な所、上でご紹介した「歌って覚える 英文法完全制覇」と下でご紹介する単語本を徹底的にやっていて、留学でリスニングも強化されていたのでTOEIC本については一部わかっていない所を補習する程度でした。

しかし、知らない単語、熟語だったり細かい部分のTOEICテストならではの出題傾向などを学べたので10点、20点でも多く点数を上げたいときにはやるべき本だと思います。

なので、文法理解が曖昧の状態のときにこの本だけで点数を上げようと思っても上手くはいかないと思います。

英単語とリスニング

とにかく最初に文法を理解し、骨組みを作ることができたならあとはもうその土台に単語やら、熟語をひたすら乗せていくのみです。

いろいろな単語本もでていますが、僕はコチラを使用していました。

もちろんこれでなくても構いませんが単語本には、その単語と発音記号、そして例文が載っているものを選びましょう。(シートで隠れるものがついてあるとなお良い)

1日2単語

1日2単語覚える。僕はこれで十分でした。

単語は暗記の割合が大きいので、どれくらい覚えれるかは人それぞれですが1日数単語だけでも覚えていけば半年で単語本1冊は丸々覚えれるはずです。

やり方は簡単です。(1単語でも3単語でもできる範囲で良い)

月曜日 2単語覚える

火曜日 「月曜日の2単語」を覚えているか確認。 + 新しい2単語

水曜日「月曜日、火曜日の4単語」を覚えているか確認。 + 新しい2単語

例文の中にもわからない単語がある場合は都度調べて下さい。

以後これを繰り返し、完全に覚えた単語はもう復習せずに飛ばしていきます。

復習の際に覚えていないものはマーカーでチェックしておきましょう。

すると後で見直したときに自分が覚え辛いものがひと目で分かるので、効率が良いです。

これにプラスで熟語も覚えれる範囲でやれば完璧です。

リスニングに関して

僕はTOEICのテストでリスニングは満点でした。

リスニング用に本を購入したことがないのでおすすめの本などはわからないのですが、僕は映画でリスニングを強化しました。

留学も1年間していて、それがかなり役立ったのは間違いないですが留学に行く前でもリスニングはあまり問題ありませんでした。

特にTOEICのリスニングの試験では色々な国の方のアクセントが出題されるので、様々なアクセントが飛び交う映画はうってつけの教材だと僕は思います。

ユウスケ
「ロード・オブ・ザ・リング」のような映画自体が難解なものはおすすめしません笑 分かりやすい現代ものがおすすめです。

僕がやっていた映画でのリスニング強化方法はこちら。

・まずは英語音声、日本語字幕で映画を楽しむ(吹き替えでもOK)

・映画が理解できたら次は日本語音声、英語字幕で観る(言い回しを確認)

・最後に英語音声、英語字幕で観る(できる範囲でいいので、わからない単語、フレーズは調べてノートにまとめる)

特に大変なのは3番目の英語音声、英語字幕で観るときだとおもいますが映画1本をまるまる英語字幕でも理解できるまでにして下さい。

ちなみに僕はリンジー・ローハンという女優が好きだったのでその人の出演しているコメディを何十回と観てました。

映画がおすすめなのはアクセントもそうですが、英語の生きた言い回しに触れることができるからです。

リンジー・ローハンのその映画で学んだセリフなのですが

” Bring it on! “

というものがあります。これは「それをもってきてonしろ! 」という意味ではなく、

” かかってこい! “

という意味です。

もちろん映画なのでこの前後のフレーズもあるので、リスニング教材で覚えたり、本で見るよりも、その状況が頭の中で動画として出てくるので暗記効率が非常に良いです。

昔は「U-NEXT」や「Hulu」などの動画配信サービスもなかったので、僕はリンジー・ローハンのDVDを購入し、最初はわからない単語が多く、ほとんどセリフごとに毎回リモコンで止めて字幕や音声を切り替えていました。

しかし、いまはこの勉強法もそういった動画配信サービスのおかげでパソコンやスマートフォンでも観れるのでかなり楽にできるので正直羨ましいくらいです。

今調べたのですが、U-NEXT無料期間が31日間Hulu 2週間あったので映画やドラマが好きな方は試しにこの勉強法もやってみてはいかがでしょうか。

(本ページの情報は2019年3月11日時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。)

英語のレッスンを受けるべきか

もし、僕がまだ英語が全くわかっていない大学生初めのときにレッスンを受けようとしているとしたら僕は「やめとけ」と言います。

文法も単語も熟語も薄っぺらい知識しかない状態ではいくら高額なレッスンや教室に通おうが結局はよりわけわからなくなる。と思うからです。

もちろんレッスンを受けると少なからず上辺の知識はつくと思いますが、土台がないので伸び率が見込めません

ですので、今後オンラインにしろ、教室にしろ、有料のレッスンを受ける場合はご自身である程度勉強した状態で望むべきだと僕は思います。

以下で僕がおすすめするレッスンをご参考までにご紹介しますが、必ず最初はご自身で勉強してからにすることをおすすめします。

TOEICの点数をさらに強化したい方

上でご紹介した文法の本と、TOEIC対策用の本で正直ある程度のところまでは自分で勉強しても到達できると思います。

そこからさらに強化したい方はレッスンもありだと思います。

僕がおすすめなのはリクルートが運営しているスタディサプリ TOEIC対策コースです。

簡単に初められるし、無料体験レッスンもあると思うのでご参考までにどうぞ。

リスニングをさらに強化したい方

リスニングを映画勉強法に加えて、耳だけで集中して聞きたい方は通勤、通学中も聴けるアルクの「1000時間ヒアリングマラソン 」がおすすめです。

あと最近ではYoutube Premiumが日本でもできたので僕はオフラインではダウンロードしたものをオーディオで聞いたりしています。あわせて利用すれば便利だと思います。

英会話を強化したい方

英会話に関しては、僕はオーストラリアに1年間留学し、やはり留学が効率的にも良い勉強法の1つだと思いますが、留学する時間や手間も考えるとなかなか難しい方も多くいると思います。

そういった方にも手軽でできるスマホアプリがあり、以下の2つが特におすすめです。

ネイティブキャンプ」↓

このアプリではアメリカや、イギリスからの英語ネイティブの講師と一緒にスマホで簡単に学ぶことができます。

英会話教室に通う時間が無い方や、とにかく家で手軽にやりたい方などに特におすすめです。

レアジョブ英会話」↓

こちらも似たような英会話アプリですが、無料体験期間もあるのでどちらもダウンロードしてご自身にあったものを選んでみてください。

まとめ

以上、僕が英語を好きになるきっかけの本、英語の勉強法についてご紹介させて頂きました!

英語が話せるようになりたいにしろ、TOEICの点数を上げたいにしろ、最初は単語やリスニングよりもとにかく文法を理解して、そのあとで単語などを勉強してみて下さい。

個人で勉強、レッスン、留学といろいろと英語を上達させる方法はありますが、ご自身にあった環境を選ぶことが重要です。

長くなりましたが、ここまで読んで下さいましてありがとうございます。

少しでも英語のキッカケが欲しい方のためになれば幸いです。

【英会話のコツ】日本語アクセントの英語を話してるとバカにされるって本当?

2019年3月2日

【オーストラリア ETAS】観光ビザの申請方法と取り方【2019年最新版】

2019年2月4日



SPONSORED LINK



SPONSORED LINK


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です