海外留学先で日本人とだけつるむと英語力は伸びないのか【実体験】


こんにちは、ユウスケです。

留学する方のほとんどが「海外留学先ではできるだけ日本人とつるまない方が良い」という俗説を聞いたことがあると思います。

僕自身もオーストラリアで1年間交換留学生として勉強していました。

周りには日本人や他の非英語圏の方もたくさんいましたので、意識して留学生活を送らないと簡単にネイティブ環境から遠ざかってしまいます。

結論から先に述べると、僕の個人的な意見ですが「日本人とつるむのはいいけど、群れるのは英語上達に良くない影響がある」ということです。

(タラレバな話ではありますが)在学中にはTOEIC900点も取れ、オーストラリアでローカルのフルタイム職も見つけましたが、意識的にネイティブの人達の環境に身を置いたからこそ英語力も伸び、コミュニケーション能力も高まったと今振り返ってみてそう感じでいます。

ユウスケ
ちなみにですが、僕は日本人が嫌いとかでは全くありません。笑
留学先で英語力を伸ばしたい場合、どういった環境に身を置くと有利なのかを、実際の経験を元にこの記事を書かせて頂いています。

SPONSORED LINK

僕の留学先での最初の友達は日本人

1年間留学した後での結論は上記のようになりましたが、僕が留学して初めて出来た友人は「日本人」でした。

彼は1歳年上で、僕と同じ交換留学生でした。

その人とたまたま同じ授業になり、日本語も通じるし、クラスのシステムや課題などわからないところを共有したり、一緒に放課後街に飲みに行ったりしていました。

今でも仲の良い友達で、留学中に出会ってよかったと思っています。

悩み、相談、お笑いの感性などを日本語で共有できるのは非常に助けられました。

そういった点から、英語力がまだ高くないときは特に、100%自分の言いたいことや、微妙なニュアンスを伝えることが難しい英語圏の友人よりも、日本人の友人がいたほうが良いと感じました。

一度日本人と群れてしまった

留学後まもなくして日本人グループが固まっている光景をいくつも大学で目にしました。(僕が留学した大学は語学留学生用の建物も併設していたため)

そして縁あって僕もその一員としてオーストラリア留学生恒例のBBQ(バーベキュー)に呼ばれることに。

そこでは主に日本人、韓国人、台湾人といったアジア圏の人が90%くらい、ヨーロッパ、南米の人が10%くらい来ていました。

正直、めちゃくちゃ楽しかったです。

なぜかオーストラリアでいろんな韓国語を覚えたり、汚いスペイン語を教えてもらったりと違う言語が上達しました。

その後も2週間くらいは放課後も日本人同士だけで飲みに行ったり、家でお好み焼きパーティーなどしていました。

同じ日本人なのでめちゃくちゃ盛り上がりますし、話もスムーズで本当に居心地は良かったです。

しかし留学生にとって致命的なマイナス点もありました。

それは学校以外での生活がほとんど日本語中心になっていたので、会話の中でネイティブが使う生きた英語の言い回しや、知らない単語を発見できるわけもなく、2週間後の僕の英語力は全く上がっていませんでした。

そういうわけもあり、英語力を上げるために時間の限られた留学に来ているのであればその時の「楽しさ」や「居心地の良さ」を犠牲にしても「英語力上達に必要な事」を優先すべきだと僕は思います。

語学学校などに行かれる方は学校では先生以外のネイティブと知り合う機会は中々ないかもしれませんが、外に出ればわんさかいるはずです。

放課後の時間を「居心地の良い日本人との飲み会」に使うのか、「英語力上達に必要な事」に使うのかどうかは結局は自分次第です。

日本人と群れないほうが良い理由

日本人同士で群れないほうが良い一番の理由は会話が必ず日本語になってしまうということです。

日本人同士でも英語で話すようにすると良い」という噂も聞いたことがあると思いますが、かなり効率が悪いと思いますし、わからない箇所は結局は日本語で補完してしまうからです。

他にも僕が思う日本人と群れるメリットとデメリットを以下にまとめてみました。

日本人と群れるメリット

  • 文化的価値感も同じなので仲良くなりやすい
  • コミュニケーションにストレスがない
  • 放課後が修学旅行感覚になって、とにかく楽しい

日本人と群れるデメリット

  • 一度蜜に繋がるとなかなか断ち切れない
  • 頻繁に遊びに誘われて、「飲み留学」になりかねない
  • ネイティブと触れ合う時間が減るので英語力が伸びない/伸びるスピードがかなり遅れる

と具体的にはこんな感じです。

英語を上達させたい方は上記の理由から「群れる」のだけはやめたほうが良いです。

ちなみにですが、英語上達したいだけの「利用目的のネイティブの友達」を作ると長続きしないので、気が合うネイティブの方を見つけプレッシャーなく付き合うのがおすすめです。

結論:バランスよく交流する

仲の良い非英語圏の友達が留学先でできるのは、とても良いことだと思いますし、精神的にもプラスだと思います。

僕もいまでも交流がある、留学中にできた非英語圏の友人もたくさんいます。

留学中は「群れ」にどっぷり依存しないようにして、バランス良くネイティブの方と交流できるように大学や地元のコミュニティーやイベントなどを利用したり、友人を作ったりして英語力を効率よく上げましょう。

留学中なのに日本語しかほとんど話していない方は最初の勇気はいりますが、一度思い切って全く違うコミュニティーに飛び込んでみましょう。

聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥」ということわざもあるように、そのとき恥ずかしい思いしても、後々良い方向に繋がる可能性があるのであればとにかく試してみるのをおすすめします。

いつも読んで下さりありがとうございます🙇🏻‍♂️

人気記事①海外に行くならクレジットカードは2枚以上持つべき

人気記事②アマゾンで年間76万円使った僕がオススメする海外旅行で便利なモノ7選

【オーストラリア スラング】在歴7年の僕が実際によく聞く言い回し、英語表現まとめ12選

2019年3月12日

【ビギナー向け】23歳でTOEIC900点を取った僕がおすすめする英語の本と勉強法【英語が嫌いな人へ】

2019年2月18日





SPONSORED LINK


SPONSORED LINK


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です