【ロシア】モスクワ最大のお土産で有名なイズマイロフ市場へ行ってきた

モスクワにあるイズマイロフ市場の入り口


ロシアでお土産を安く買うならココ、という情報をもとにヴェルニサージュとも呼ばれる「イズマイロフ市場」へ行ってまいりましたのでご紹介します。

ちなみに訪れた時期は2018年12月下旬でした。

さてその真相はいかに。。

ロシアの観光ビザがまだの方はこちらからどうぞ。

旅行を計画する様子

【ロシア観光ビザ】個人での申請方法と取り方【2019年版】

2018年12月5日

SPONSORED LINK

モスクワ中心部から電車で約13分

モスクワの中心部「Ploschad Revelyutsii駅」からイズマイロフ市場最寄りの「Partizanskaya駅」まで地下鉄乗換なし、13分で到着しますので比較的行きやすい場所にあります。

僕のこのスクショをとった地下鉄のアプリ「Yandex」を使えば簡単に経路や所要時間を確認できるので是非ダウンロードして下さい。

地下鉄についてやこのアプリのダウンロード、使い方等はこちらの記事からどうぞ。

【これさえあれば迷わない】モスクワの地下鉄の仕組みと絶対に必要なアプリ

2019年2月11日
Partizanskaya駅(パルチザンスカヤ)

これが到着駅のPartizanskaya駅(パルチザンスカヤ)です。

ここから徒歩約5分ほどで市場に到着。

ロシア最大の市場と言うだけあってかなり大きい

路面が凍結していたのでとぼとぼ歩いていると正面にかなり大きいお城を発見! これがイズマイロフ市場か。

写真ではわからないですが、この入口は結構な傾斜になっており凍結していたらスリップ注意です。

正面玄関。横断幕に12月22日-23日はDISCOの文字。イベントがあるのかな?? なんだろう。

イズマイロフ市場の全体マップはこのような感じ。

かなり大きく、1週見て回るのにも30分以上はかかりました。

市場にはお土産の他にはレストランもあり、コーヒーのスタンドや、絵画、さらには大きい絨毯も売ってありました。

週末のお昼時に訪れましたが、中はそこまで混んでいませんでした。

建物が1つ1つでかい。。そしてファンシーな造り。

2階はレストランになっています。(写真左側)

お店はフリーマケットのようになっており、このように屋根のない外にもお店があるので、商品にガンガン雪が積もってました。笑

鍋やブリキのおもちゃも売っていたり。

アートセクションはこんな感じ。市場の一番奥にあります。

購入したもの

イズマイロフ市場にはマトリョーシカも売っていたり、お菓子も売っていたりとかなり多くの商品がありましたが、あんまりお土産としてピンとこなかったので僕はマトリョーシカと、マグネットのみ購入しました。

見回っている途中で英語を話せるロシア人のモンク(修道士)の方と出会い、色々はなしていると、なぜかハリー・ポッターに出てくるような鈴を頂きました笑

どういう鈴かわかりませんが、かなりいい音がなります。

修道士さん、ありがとうございました。

マグネットは約50円
マトリョーシカは約500円

まとめ

今回僕はイズマイロフ市場に約1時間ほど滞在しました。

色々なお土産類や雑貨も置いてあり、行く価値は十分にあったと思います!
ただ、短期旅行の方は時間に余裕があれば行く程度で良いと思います。

僕の場合は1ヶ月あったので、立ち寄りましたがモスクワ市内観光や、美術館、サンクトペテルブルクに時間を割いたほうが良いかも。

イズマイロフ市場でお土産をたくさん買うぞー!という目当ての方は期待はずれに終わる可能性大です。笑

ユウスケ
もちろん行く価値はあったので、可能な方は是非寄ってみてはいかがでしょうか!

以下の「格安ホテル3選」の記事では実際に僕が泊まったイズマイロフ市場から徒歩圏内のホテルも紹介しています。コスパも良いのでおすすめです。

【ロシア】モスクワで格安で泊まりたいならココ「おすすめホテル3選」

2019年3月1日

僕が冬のロシアを乗り切れた服装をご紹介します。

2019年2月15日

ロシア、モスクワの物価(スーパーマーケットやレストラン)は安いのか?

2019年2月8日





SPONSORED LINK



SPONSORED LINK


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です