格安で海外送金するにはワイズが最強(割引コードあり)記事を見てみる

【クアラルンプール】泊まって最高だったEQ Kuala Lumpurホテルをご紹介

さて今回はクアラルンプールで「EQ Kuala Lumpur」という5つ星ホテルに宿泊してきたので写真たっぷりでレビューしたいと思います!

一言で言うと「クアラルンプールで一番おすすめのホテル」です。

他にはJWマリオット、バンヤンツリー、リッツカールトンなどの5つ星ホテルにも宿泊しましたが、個人的にはEQホテルが一番しっくりきました。

個人差はあるかもしれませんが、クアラルンプールで最高のホテルの1つだと思います。

これからクアラルンプールに行かれる方の参考に少しでもなれば幸いです。

目次

【クアラルンプール】泊まって最高だったEQ Kuala Lumpurホテルをご紹介

EQ Kuala Lumpurの外観
満足度
宿泊費1泊2万円〜
立地パビリオンまで徒歩10分
予約エクスペディアで詳しく見てみる

トリップ・アドバイザーのクアラルンプールNo.1ホテルに選ばれるだけあって個人的には最高の滞在でした。

満足度が高かったワケ
  • 部屋がモダンで広く、そして清潔
  • ジムの設備レベルがとても高い
  • スタッフの方が気さくでフレンドリー
  • ホテルに美味しい日本食レストランがある

特にジム&プール周りがすごかったです。

最新設備が揃っていて、1フロアまるまる使ったかなり広いジムです。

しかも受付でプロテインドリンクも販売していてジム単体で営業してもお金が取れるレベル。

それにプラスしてサウナやアロマスチームルームも完備。

部屋もモダンで広いし、防音がしっかりしているので静か。

さらに「勘八(公式サイトはこちら)」という日本食レストランもホテルにあり、朝食バイキングも種類が多く美味しい。

文句なしの満点の滞在でした。

イマイチだった点

イマイチだった点を1つ上げるとすると、ホテル前の道が渋滞しやすいことです。

僕の場合はピーク時に渋滞に巻き込まれて普段なら10分でホテルに帰れるところ、30分ほどかかりました。

マレーシアはほんとに蒸し暑いので10分歩くだけでも結構汗だくになるので、ついタクシーに乗っちゃいます。

EQホテルの写真レビュー

右手がEQの正面玄関です。

画像奥に見えるのが朝食バイキングの会場、左に進むとチェックイン受付です。

(手前の女性がいる受付らしき場所はチェックインではないです)

内装は全体的にキラキラしていて高級感あり。

チェックイン受付に向かって進むとなにやら不思議な銅像を発見。

テーマはよくわかりませんが、色合い的には建物とマッチしてる笑

スタッフの方に案内してもらい受付へ。

チェックイン中の先客が居たのでソファーで待っていてくださいとのこと。

その間にウェルカムドリンクとおしぼりを頂きました。

なんの飲み物かわかりませんが、さっぱりしていて美味しかったです。

チェックインはiPadを使用。

なにかしらiPadにサインをしてルームキーをゲット。

40階の高層階で若干テンション上がる。

エレベーターで部屋へ。

ちなみによくよく考えるとEQホテル自体が高層階仕様なのでどこに割り当てられても眺めは良いはず。

EQの低層階にはたしかオフィスが入っていて客室は30階以上。

オフィスの方とは完全に別のエレベーターなので一緒になることはなかったです。

40階到着。

高層階なのでエレベーターで耳が少し詰まる。

今回宿泊した部屋はこちらの「デラックス キングルーム」です。

キングベッドが1台、部屋の広さは40平方メート。

(比べるのはおかしいですが)アパホテルが10平方メートほどなので、かなり広々としていて快適に過ごせました。

床の絨毯もフカフカしているし、掃除が行き届いていて清潔。

50インチのテレビとその隣には同じサイズの鏡。

デスクスペースも十分な広さがありました。

二人でも寝転べるソファー。

部屋の家具や照明の色もホテル自体のテーマとマッチしていて高級感があります。

僕は部屋からのビューを指定しなかったので目の前には工事中のビルがありました。

一応こちら側からはKLタワーが見えて夜もペトロナスツインタワーとまでは行きませんがライトアップもされるので綺麗です。

この反対側がペトロナスツインタワーが見えるお部屋なのでそちらが良い方は「シティビュー」のお部屋を選べば大丈夫です。

大体プラス5千円ほどで泊まれると思います!

ちなみにカーテンを閉めるとこんな感じです。

カーテンはベドサイドのボタンから自動で開閉可能。

コーヒーは定番のネスプレッソマシン。

お水は1日に2本ボトルが補充されてました。

バスルーム

テロテロした生地の部屋着。

バスタブもシャワールームとは別にありました。

壁がガラス張りなのでベッドから丸見え仕様です。

シャワールームもキラキラしていて清潔。

水圧、温度も問題なし。

アメニティはEQブランドのもの一式。

妻いわく、ここのブラシが良いそうです。

プール&ジム

部屋から見えるインフィニティ・プール。

子供用のプールというものはなかったですが、一応このようなくるぶし丈の浅い水深のエリアはありました。

プールサイドにはカバナが2箇所、あとはプールチェアが10台ほどありました。

プールのほかには1箇所このようなジャグジーも。

夜はこんな感じでライトアップされたKLタワーを見ながらゆっくりできました。

続いてジム。

今まで数々のホテルに泊まってきましたが、週4でジムに通う身としてEQのジムはお世辞抜きでほんっっと最高でした

なにが最高って

ワンフロアを贅沢に使ったキレイなジム、

設備も最新のものがあって、

汗を流した後はアロマスチームとサウナで整える。

このルーティンがほんと最高でジムに行かれる方は絶対にEQが大好きになるはずです。

あと自分でプロテインドリンクを用意しなくても受付で買うこともできます。

置いてるホテルはあまり見かけないスミスマシン。

マシンの状態もキレイ。

さらにさきほどとは違うエリアも発見。

手前のランニングマシンがかなり良いやつで一人テンション上がる。

さらにこのジムについているバスルームがすごいんです。

トイレやシャワールームはもちろん、滝のような歩いて使うシャワールーム(説明が難しい)、サウナ、アロマスチームルームなども完備してました。

ヒマラヤソルトを使用するサウナ。

アロマが焚かれたスチームサウナ。

トロピカルモンスーンシャワー。

さきほどの説明が難しいと言った歩いて使うシャワーです。

ジムで汗を流した後、この歩くシャワーを抜け、アロマ・スチームサウナにいき、シャワーを再び浴びて、最後にサウナで整える。

控え目に言って毎日最高でした。

朝食

サウナで整えたら朝食バイキングです。

種類はめちゃくちゃ多い、というわけではないですがどれも美味しく頂けました。

フレッシュなジュース類。

  • オレンジ
  • グアバ
  • デトックス

の3種類。

ヨーグルトとカットフルーツ。

ペリエとエビアンの水、ビールだけは別売り。

パンはいろんな種類があって豊富。

真ん中にあるスティックが美味しくて毎日リピート。

サーモンや野菜。

エッグスタンド。

ゆで卵、あとはシェフの方に頼めば卵焼きやスクランブルエッグも作ってもらえます。

マレーシアなのでこういった系が多かったです。

朝食も大満足でした!

あとこの朝食会場の隣にパビリオンにも店舗がある勘八という日本食レストランが入っているのですが、そこも1度だけ伺いましたが良かったです。

まとめ

以上、EQクアラルンプールをご紹介させて頂きました!

部屋もジムもプールも食事も全てにおいて満足度が高く、次クアラルンプールに行くときも絶対に泊まろうと思ってます。

これからクアラルンプールへ行かれる方の参考になれば幸いです。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次