【代替肉】ビヨンドミートを食べてみた。味は?値段は?栄養素は?


こんにちは、ユウスケです!

最近話題になっている「ビヨンドミートの代替肉

僕自身はヴィーガンでもなんでもないですが、ビヨンドミートの会社自体もかなり成長していたし代替肉がどういった味なのかとても気になっていたので実際に食べてみました!

ビヨンドミートの味や栄養素などが気になる方の参考になれば幸いです。

SPONSORED LINK

【代替肉】ビヨンドミートを食べてみた。味は?値段は?栄養素は?

僕がオーストラリアで買ったビヨンドミートのバーガーはこちら。

植物性タンパク質が19グラム含まれており、大豆なし、グルテンフリー、となっています。

僕はオーストラリア在住ですが、NSW州とQLD州なら結構どこでも買えます。

ビヨンドミートの値段

ビヨンドミート以外の代替肉製品もスーパーにはありました。

ビヨンドミートが$12(約900円)、他のブランドが$5.20(約400円)でした。

どちらもバーガー用のパテが2枚入りですが、2つで$12はさすがにちょっと高い気がします。

やはりまだまだ成長段階の製品なので広く流通するには価格はもう少し下がる必要はあると思います。

ビヨンドミートの栄養素

栄養素的にはまあまあです。

バーガー用のパテが1枚113g。

カロリーは1183kj(キロジュール)なので282カロリー。

タンパク質 19g

脂質21.5g

炭水化物 4g

グルテンフリーです。

タンパク質にはえんどう豆、玄米、緑豆が主に使われています。

脂質にはココアバター、ココナッツオイル、キャノーラ油です。
(ビヨンドミートのキャノーラ油は非遺伝子組み換えです)

またお肉の赤い色を再現するためにビーツと呼ばれる野菜をつかっているそうです。

栄養素を見るとヘルシー志向ではありますが、健康食品というわけではないので、「お肉は食べれないけど、お肉が食べたい」方向けの食品です。

お肉の代わりにこれだけを食べてたら健康になったり、体が引き締まるといった効果はありません。

ビヨンドミートの味

初めての代替肉、いざ調理です。

パッケージを開けると見た目はお肉みたいなパテが2枚。

結構厚みもあります。

パッケージを開けてまず気になったのが「匂い」です。

どう表現してよいか難しいですが、植物をスリ潰したような、ドッグフードのような(怒られる。。)なんとも言えない匂いです。

ちょっと「うっ。。」となりました。

バーガー用のパテなのでハンバーガーを作ります。

調理時間は大体10分ほどだそうです。

分厚いのでちょっと蒸します。

フォアグラみたいw

ちょっと焦げてますが、調理説明欄には「ちょっと焦げたぐらいが良い」と書いてました。

お肉ではないので焼き加減がなかなか判断しずらかったです。

まずパテだけ食べてみました。

気になる味は、、

味の薄いお肉」でした。

食べた瞬間はお肉の味が一瞬するけど、すぐに消えてなくなる感じです。

食べた後はお肉のこってり具合が口に残らないので、さっぱりしていました。

ヴィーガンの方からしたら邪道ですが、僕はチーズとかが乗ったハンバーガーを作成。

断面図はこんな感じで、見た目はまさにお肉です。

初めての代替肉でしたが、美味しく頂けました。

でも、

しばらくは食べなくてもいいかなw

お肉と比べても特に健康食品というわけではないので、僕はお肉の方が好みです。

もしかしたらヴィーガンではない方でもこちらの代替肉の味のほうが好きな人はいるかもです。

あくまで好みだと思いますが、値段がちょっとネック。

日本での販売は?

残念ながらビヨンドミートは日本での販売は未定のようです。

とはいっても日本にも大豆で作られた代替肉もあるようですので味が気になる方は試してみることはできます。

まとめ

以上、ビヨンドミートを食べてみた感想でした!

代替肉が気になっている方の参考になれば幸いです。

オーストラリアのNSW州、QLD州に住んでいる方はコールスかIGAで購入できるのでぜひ!

いつも読んで下さりありがとうございます🙇🏻‍♂️





SPONSORED LINK


SPONSORED LINK


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です