オーストラリアのワーキングホリデーで最低限必要な費用【経験者が語る】


こんにちは、ユウスケです。

今回は「オーストラリアのワーキングホリデーで最低限必要な費用【2020年最新版】」について実体験をもとにご紹介致します!

この記事を書いている僕自身、オーストラリアには留学や仕事などで合計8年以上滞在したことがあり、「ワーキングホリデビザ」も取得しました。

これからオーストラリアのワーホリを考えている方の参考になれば幸いです。

豪ワーホリ 最新情報

セカンドワーキングホリデービザを保持している間に、指定された地域で6か月間特定の仕事に従事した人に対し、ワーキングホリデー(サブクラス417)ビザ保持者の3年目のオプションを与える(2019年7月1日より発効)

出典: 在日オーストラリア大使館

これはつまり、季節労働をすることで合計で3年間オーストラリアに滞在できるようになるものです。

SPONSORED LINK

オーストラリアのワーキングホリデービザとは

「オーストラリアのワーキングホリデービザ」は対象国の18歳〜30歳までの方が最長1年間、観光や就労ができるビザです。

ただし就労と就学については以下のような制限があります。

就労 → 同じ雇用主の元で最長6ヶ月間まで働ける。

就学 → 合計4ヶ月間まで学校に通える。

なので6ヶ月同じ職場で働いたあとは違う仕事を見つける必要があります。

ワーキングホリデーで最低限必要な費用

オーストラリアでワーホリするにあたって最低でも以下の4つの出費が必要になります。

☞ワーホリで最低限必要な出費

・ワーホリビザ申請代金

・渡航費

・宿泊費

・食費

これらが最低でも必要となる出費です。

人によっては「パスポート申請代金」や「海外旅行保険」、「学校の授業料」などが追加で必要となります。

それでは一つずつ詳しい金額を見ていきます。
(2020年2月時点のレート$1AUD =75円で計算してます)

ワーキングホリデービザの申請費用

ワーキングホリデービザの2020年度の申請費用は

AUD485ドル(約35,500円)

となっています。

支払い方法はクレジットカードとペイパルのみとなっており、デビットカードは不可となっています。

僕が申請した当時は確か2万円くらいだったので、毎年申請費用は上がっています。

オーストラリアは6月31日がその年の会計年度が終わる年なので、7月1日から基本的には料金が改定されます。(大体これまで毎年$15〜$30くらいのペースで上がり続けています)

ユウスケ
豪の会計年度あたりに申請する方はできるだけ6月31日までに支払ってしまったほうがお得になる可能性が高いです。

オーストラリアへの渡航費

オーストラリアへの直行便はカンタス航空かジェットスターのどちらかです。

それぞれ片道の料金を調べてみました。(2020年2月調べ)

   東京 → シドニー 東京 → メルボルン
 ジェットスター  2万6千〜5万円 2万8千〜8万円
 カンタス航空 5万8千〜7万円 5万8千〜7万円

どちらの航空会社も利用したことがありますが、日本からオーストラリアへ行く際は夜便なので「夜、飛行機でちゃんと寝たい方」は座席も比較的厚めなカンタスの方がおすすめです。

ユウスケ
ジェットスターはスーツケース20kg代、食事代、エンターテイメント代などが含まれていません。

なのでこれを合わせるとだいたい追加で1万円ほどになりカンタスより激安、というわけでもないです。

オーストラリアでの宿泊費

オーストラリアで利用できる宿泊施設は以下の通りです。

☞宿泊施設(1週間の家賃が高い順)

・一人暮らし → 2万円〜

・ホームステイ → 2万円〜(食費、光熱費、ネット込み)

・シェアハウス → 8,000円〜(光熱費、ネット込み)

・バックパッカー → 3,000円〜

・オーペア → 無料(ベビーシッターする必要あり)

この中でも一番割合が多いのはシェアハウスです。

僕がブリスベンでシェアハウスしたときは週$180(約1万3千円)でした。

これは自分の部屋と専用のバスルームがあって、光熱費、ネット込の値段でした。

ホームステイはピンキリですが、僕の場合は週$280(約2万円)で食事もすべて込みの値段でした。(それに加えオージーのホストなので英語も練習できます)

宿泊費の目安として大体3ヶ月分くらいの資金があると安心です。

それくらいあればバイトもゆっくり見つけれるし、焦りながら毎日を過ごさなくてもよくなります。

ユウスケ
不安な方はオーストラリアに来たばかりのときはホームステイからスタートすると現地での生活に馴染めやすいと思います。

オーストラリアでの食費

食費に関しては外食頻度など、個人差によります。

あくまで目安ですが自炊メインだと、1週間で約7,000円〜1万円ほどあれば足ります。(外食は週1回の計算)

オーストラリアは外食が結構高いので、その頻度を減らせば節約も十分できます。

詳しくは以下の物価に関する記事で解説しています。

【保存版】オーストラリアの1ヶ月の生活費(家賃、食費、物価など)をざっくりまとめてみました【ワーホリ、留学する方必見】

2019年2月28日

ワーキングホリデーの海外旅行保険

僕は海外旅行保険に加入せずワーホリを過ごしました。
(留学で1年間いたときも入らなかったので2年間保険なしでした)

結果問題はなかったのですが、こればっかりは事故にあってからでは遅いです。

大手のとこだとAIG損保のワーキングホリデー保険の場合、1年間で約24万円ほどになります。
(期間により変動ありなので各自の日程でチェックしてみてください)

【オーストラリア】僕が留学で加入した保険はOSHCだけ【風邪は引きました】

2019年3月4日

風邪を引いたり、スケボーで足が血だらけにはなりましたが市販の薬でなんとかなりました。

加入しなかったというより、24万円が当時の僕にとって死活問題の金額だったので。。

ユウスケ
保険未加入でのワーホリはもちろんリスクはありますが、一番かかりやすい病気である風邪は寝たら治るだろうし、死んだら死んだときだと思って渡豪しました。笑

24万円(約$3,500)もあればオーストラリアで2ヶ月くらいは快適に生活できます。

オーストラリアの語学学校の費用

最長4ヶ月まで就学できるワーキングホリデーですが、学校は結構高いです。

一般的な英語コースだと1週間あたり平均で$350(約2万6千円)ほどになります。

現地でバイトしたお金を使って通うことはできますが、結構しんどいと思います。

これに宿泊費と食費を入れると月間で20万円ほどは必要です。

なので語学学校希望の方は資金を予め余分に用意しておくのがおすすめです。

無料で相談できるワーホリエージェント

ホームステイ先や語学学校については留学・ワーホリエージェントが詳しいです。

おすすめのエージェント

✔︎ 留学ワーキングホリデーサポート【Global Dive】

資料も無料でもらえるので、利用できるものは利用しちゃいましょう。

まとめ

以上、「オーストラリアのワーキングホリデーで必要な費用」についてご紹介させて頂きました!

ワーホリで最低限必要な費用

✔︎ ワーホリビザ代 → 約3万5,500円
✔︎ 渡航費 → 約5万円(カンタス片道)
✔︎ 宿泊費 → 約16万円(シェアハウス3ヶ月分)
✔︎ 食費 → 約10万円(3ヶ月分)

となり合計34万5,500円でした。

これくらいの金額があればワーホリに来てとりあえず3ヶ月は仕事も探しつつオーストラリアをゆっくり楽しむことができると思います!

以上、これからワーホリへ行かれる方の参考に少しでもなれば幸いです。

いつも読んで下さりありがとうございます🙇🏻‍♂️





SPONSORED LINK


SPONSORED LINK


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です