格安で海外送金するにはワイズが最強(割引コードあり)記事を見てみる

オーストラリアのお寿司が高すぎるので値段をまとめてみた

こんにちは、ユウスケです!

いきなりですが、、、

オーストラリアのお寿司高すぎ。

「回転寿司で外食」というのは現地では「ちょっと贅沢な外食」という受け入れ方をされています。(多分)

オーストラリアで食べれるお寿司の値段を簡単にですがまとめてみましたので、ご興味ある方の参考になれば幸いです。

目次

オーストラリアのお寿司が高すぎるので値段をまとめてみた

まずはオーストラリアで食べれるお寿司について。

一般的には日本の「巻き寿司」がオーストラリアではお寿司としてよく食べられています。

生魚を使ったお寿司はオーストラリアでは苦手な人も多く、特にイクラやウニなどはほとんど食べられていません。

(見た目がグロいので食わず嫌いの人も多いです)

生魚を使ったのもだとサーモンとマグロが主流です。

オーストラリアの寿司の値段

サーモンチーズロール

オーストラリアの巻き寿司も切っているタイプと、そのままのタイプがあります。

レストランだとこの画像のようにオシャレなプレートにのって出てきます。

画像のサーモンチーズロールをお店で食べると5個セットで18ドル(約1,700円)くらいします。

5個で1,700円。。しかもサーモンて。。

たらふく食べると日本で高級お寿司行けちゃうくらいの会計になるので、僕はオーストラリアでは質素な食生活をしています。

これは僕がよくお持ち帰りする「サーモンアボカドロール」です。(いや、食べるんかい!)

海苔は内側に巻かれており、サーモンとアボカドを包んでいます。

4個入りで5ドル(約400円)ほど。

1つが小さいので成人男性だと20個くらい食べないと満足感はありません。

海苔を内側に巻くのは、外側に巻くと海苔の黒い感じが全面に出て海外ではあまり受けが良くなかったからだという説があります。

サーモンの食感とアボカドの脂で「中トロ」のような味になるので結構おすすめです。

あとはこのチキンとアボカドのロールも美味しいのでこの2つは好きな方が多いはずです。

こちらも4個で5ドルほどです。

たまにする僕の小さな贅沢ランチです。

日本ほどの贅沢ではないですが、オーストラリアだとこれでも2000円ほどします。。

これはサーモンアボカドロールの切ってないやつです。

市内なんかではこれに醤油の容器をぶっ刺し、醤油を注入しながら外で食べてる人もよく見かけます。

場所によって様々ですが、だいたい1本で3〜4ドルくらいします。

これも小さいので5本くらいは食べないと満足感は得れません。

刺し身の値段

オーストラリアで食べる刺し身はかなり高いです。

画像のような盛り合わせだと50〜70ドル(4,700円〜6,500円)ほどします。(普通の居酒屋でこれです)

スーパーなどにも刺し身は売っておらず(たまにあるけど鮮度が心配)、なかなか食べる機会はありません。

お店で食べると高いですが、港近くの魚屋さんに行くと鯛とか中トロの部位なんかも比較的安く買うことができます。

まとめ

以上、簡単にですがオーストラリアのお寿司の値段をまとめてみました!

日本クオリティーではないですが、サーモンアボカドなど意外と美味しいものも多かったりします。

どうしてもお寿司を食べたいときには是非トライしてみてください!

いつも読んで下さりありがとうございます🙇🏻‍♂️

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次