オーストラリアのアップルストアでMacbook Pro が無料で修理できた件


こんにちは、ユウスケ(@toriaezutabi)です!

数ヶ月前になりますが、僕が普段使っている「Macbook Pro 15インチ 2016年モデル」の右側のスピーカーから音が急に出なくなりました。

音楽をかけていたら突然キュイーーーンという高音とともにスピーカーがお亡くなりになりました。

ググっても解決しなかったので修理に出すしか無く、数万円の出費は覚悟していましたがなんと無料で修理して貰えました!

しかも!!

スピーカーが新品になっただけではなく、バッテリー、キーボードもすべて新品になって帰ってきました。

SPONSORED LINK

オーストラリアのアップルストアでMacbook Pro が無料で修理できた

どのようにして無料で修理できたかというと、僕のMacbook Proがリコール対象になっていたためです。

このリコールはキーボードの不具合に関するものだったのですが、僕のMacbook Proは調子が良かったので特にリコールには出さずにずっと使っていました。

それが今回、キーボードではなくスピーカーの不具合で修理を出したのですが、キーボードごと取っ替えられたのでリコール対象となり無料で修理できました。

Macbook Proはキーボードを交換する場合、バッテリーやスピーカーも一体型となっているためすべて交換する必要があるようです。

なのでバッテリーの充電回数も700回くらいあったのが新品になり充電回数0になりました。

とはいえ2016年モデルなのであと2、3年もすれば買い換えないといけないですが。

ちなみに中古でパソコンを売る際には充電回数が考慮されたりもします。

アップルストアの店員さんが優しい

オーストラリアのとあるアップルストアのジーニアスバーでアポをとり、パソコンを持っていきました。

ユウスケ
このときはまだコロナの規制があったので店内では配布されたマスクを着用させられました

実際に音楽をかけてスピーカーの不具合をチェック。

店内さんに名前とか電話番号も聞かれて詳細登録。

するとお兄さんが、「おー日本出身なの?僕日本大好きなんだよ!」

僕:「へーそうなんだ! ありがとう!(よくある反応なので少し作り笑い)」

お兄さん:「君はラッキーだよ。全部交換すると1000ドルくらいかかるけど無料でできるよ、それと日本語用のキーボードも手配してあげる」

僕:「えっ、まじで、ありがとう!」

ユウスケ
実は半年ほどまえにリコールについてアップルストアに確認したら交換は英語のキーボードしか対応できないと言われたので日本語のキーボードで交換できるのはまさかでした。

とこんな感じで10分くらいやりとりしてすぐに終わりました。

日本語用のキーボードは在庫がないらしく取り寄せで2〜3週間くらいかかるとのこと。

なぜか日本語用キーボードが爆速で届く

オーストラリアだしどうせ取り寄せるには1ヶ月くらいかかるだろうなぁと思っていたらその2日後メールで、

「日本語用のキーボードを入荷したのでパソコンを持ってきてください」

とオーストラリアで生活していると理解できないスピードで返事がきました。

あまりに異例のことだったのでツイートもしてしまいました。

そこからも爆速で、パソコンを持っていき、その翌日に修理完了でほぼ新品のMacbook Proが帰ってきました。

これはさすがアップルというべきか、ただのラッキーだったのかはわかりませんがどちらにせよスムーズに修理できてよかったです!

まとめ:海外だからと修理はあきらめないで

以上、オーストラリアでMacbook Proを修理した件についてでした!

僕のMacbook Proは日本で購入しましたが、それでも海外で修理は受けれるのでパソコンが不調な方は一度問い合わせてみるとラッキーがあるかもしれません!

いつも読んで下さりありがとうございます🙇🏻‍♂️





SPONSORED LINK


SPONSORED LINK


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です