オーストラリアでは車の助手席で携帯をイジっても罰金になります


こんにちは、ユウスケです。

オーストラリアで助手席でフェイスタイムをしていた女性が$337の罰金刑になった」というニュースがありました。

まじかよ。。ということで実際にどうなのか法律を調べてみました。

ちなみに僕はこれまで幾度となく助手席で携帯を使用していますが、罰金になったことは一度もありません。

その真相やいかに。。

SPONSORED LINK

オーストラリアでは車の助手席で携帯をイジっても罰金になります

法律を調べた結果、、、

助手席で携帯をイジってたら罰金になる」という情報は本当のようです。

ただ、、、

これがまた結構あいまいな法律になっており明確に「これはだめ」、「これはOK」といったことは記載されていませんでした。

ユウスケ
しかも州によって微妙にニュアンスが違っているのでややこしいです。ここではNSW州を基準にしています。

車で携帯電話の使用に関する法律

車を運転する際の携帯電話使用に関する法律は以下のようになっています。

visual display unit」( = 携帯電話、パソコン、テレビ等を含む)がドライバーの妨げになると考えられた場合は違法。

スマホホルダー等の装置にとりつけられている場合は合法だが、運転中に操作してはならない。

だそうです。

なので以下のような行動は罰金になる可能性大です。

・フェイスタイムをドライバーに見せる

・セルフィーをドライバーと撮る

・動画や写真をドライバーに見せる

・ドライバーにも見える位置でパソコンで動画を見る

・助手席の人が携帯を手に持ち、スピーカーにしてドライバーが話す。

QLD州では$500〜$2669の罰金の可能性も

NSW州に比べて僕の住んでいるQLD州も結構きびしく、最大で$2699の罰金の可能性もあります。

また、QLD州の初心者マークの方はハンズフリー通話ですら禁止されています。

ユウスケ
携帯はこんなに厳しいのに、飲酒はちょっとくらいなら良いというオーストラリアの法律はわけわかりません。

オーストラリアではお酒を飲んでいても車を運転して良い【飲酒運転】

2019年11月11日

まとめ

助手席で普通にフェイスブックやゲームをしたりするのは合法なのでそこまで過敏になる必要はないと思いますが、

YoutubeやTiktokなどの動画をドライバーに見せるのは時と場合によって罰金になるかもしれませんのでお気をつけください。

いつも読んで下さりありがとうございます🙇🏻‍♂️





SPONSORED LINK


SPONSORED LINK


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です