格安で海外送金するにはワイズが最強(割引コードあり)記事を見てみる

アンカーのサウンドコアリバティネオと旧モデルを比較【Soundcore Liberty Neo】

サウンドコアリバティネオとエアーとゾロリバティーの比較

こんにちは、ユウスケです!

Anker(アンカー)から出ているサウンドコアリバティネオ(Soundcore Liberty Neo)と旧機種を比べてみたのでご紹介させて頂きます!

僕はAnker製品が好きなのでサウンドコアシリーズのワイヤレスイヤホンは合計で3機種もっており、ネオと他の機種の比較や使ってみた感想をお伝えできればと思います。

第2世代のネオ が発売されました。「再生時間」と「防水性能」を少しパワーアップしたという感じで、価格も少し上がっているのでコスパ重視の方は第1世代のものでも十分満足できると思います。

目次

サウンドコアリバティネオ(Soundcore Liberty Neo)とは

2019年4月11日にAnkerから完全ワイヤレスイヤホンの「サウンドコアリバティネオ」は発売されました。

僕が持っているアンカーの他シリーズ製品は以下の2点です。

サウンドコアリバティエアー」(Soundcore Liberty Air)→2018年12月25日発売

ゾロリバティー」(Zolo Liberty)→2017年12月24日発売

ネオはAnker製品のワイヤレスイヤホンでは一番最新のものになります。(執筆時点)

ネオが良かったと感じた点
  • とにかく軽くて、コンパクト
  • 装着した時の快適性がアップしている
  • 接続がより素早くなった
  • コスパ抜群
ネオのケース外観
ネオのケース中身
ネオのワイヤレスイヤホン

重量はサウンドコアリバティエアーよりも軽い

左からエアー、ネオ、ゾロリバティー

形からみると真ん中の「ネオ」の方がずっしりと重そうですが、実際には軽さで定評のあったエアーよりもさらに9gほど軽くなっています。

  ケース込みの重さ
 Air 59g
 Neo 50g

「ネオ」を買う前はずっと「エアー」を使っていたのですが、そのときでも「めちゃくちゃ軽い」と思っていたので、この価格帯での完全ワイヤレスイヤホンではかなり衝撃的な軽さです。

ちなみにですが、「ゾロリバティー」という完全ワイヤレスイヤホンも使っていたのですが、これは90gもあり、もう感覚的に重すぎて戻れません。

耳で感じる「40g」はかなーーーり違います。

サウンドコアネオと他モデルの性能の比較

左上ネオ、右上ゾロリバティー、下エアー
  ネオ エアーゾロリバティー
価格 ¥5,999 ¥7,999¥6,999
最大使用時間12時間  5時間24時間
防水規格 IPX5 IPX5IPX5
Bluetooth規格 5.05.0 4.2
ドライバー6mm6mm x 25.6mm

比較してみるとどれも一長一短で、「使用用途に合わせて選んでください」と言いたいところですが、今から買うなら個人的にはネオがおすすめです。

「ゾロリバティー」に関しては最大使用時間が長いのが魅力ですが、24時間も連続で使用する方はほぼいないと思いますし、あとは重いので個人的にはあまりおすすめではないです。

「サウンドコアリバティエアー」に関しては形状的にアップル製品のイヤポッドと似ています。

なのでこの形状が好きな方はエアーでも良いと思います。

装着感の比較

ネオ → しっかり耳にフィットして、遮音性もある

エアー → 若干外の音なども聞こえるライトな装着感

エアーは僕の場合は主にジムで使っていたのですが、理由はMacbookとの接続があまりうまく行かなかったのと、運動しても耳がイヤホンで蒸れにくかったからです。

詳しくは以下の記事でレビューしていますので、よろしければご覧ください。

まとめ:サウンドコアリバティネオかエアーは好みで

以上の3つの機種を使って感じた結論は以下のようになりました。

サウンドコアリバティネオに向いている人

ネオに向いている人
  • とにかく軽いのが良い
  • 音質は普通で良いので価格がやすい方がいい
  • しっかり耳にフィットさせたい

サウンドコアリバティエアーに向いている人

リバティエアに向いている人
  • エアーの形状が好き
  • 少しでも高音質で楽しみたい
  • 運動用にも使いたい

この価格帯での完全ワイヤレスイヤホンではかなりどちらも性能が高く満足できるはずです。

アンカーのサウンドコアリバティイヤホンを検討している方の参考になれば幸いです。

いつも読んで下さりありがとうございます🙇🏻‍♂️

[kanren postid=”9112″]

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次