オーストラリアで牛乳からアーモンドミルクにしたらアトピー肌が改善した


こんにちは、ユウスケです。

僕は子供の頃から肌が弱くアトピーがありました。

大人になってからほぼ治ったものの、腕の曲げる所やひざ裏などがたまに痒くなって悪化する時期もあります。

牛乳は体に悪い!」と一概に言うのは反対ですが、アトピーや皮膚炎がある方は一度やめてみる価値はあると思います。

1ヶ月経過した時点でのとりあえずの結論は、「僕の肌は少し改善した」という感じです。

個人差はあると思いますが、牛乳をやめてみた僕の感想をご紹介させて頂きます!

SPONSORED LINK

オーストラリアで牛乳からアーモンドミルクに切り替えたら肌改善した

もしかしたら牛乳が100%の原因ではないかもしれません。

でも牛乳をやめている期間に肌は改善しました

具体的には、

乾燥しにくくなった(カサカサにならない)

痒みが少ない

といった感じです。

劇的な変化というのはないですが、今の所「悪い影響」は出ていません。

なぜ牛乳はアトピー性皮膚炎に悪いのか

そもそもなぜ牛乳がアトピーの方に悪い影響を及ぼすのかを知る必要があります。

主な理由は、日本人は乳糖不耐症の人が多いということ。

今まで牛乳を飲んでお腹を壊したことのある方は乳糖不耐症の可能性が高いです。

乳糖不耐症(にゅうとうふたいしょう、Lactose intolerance)とは、乳糖(ラクトース)の消化酵素ラクターゼが消化できないことで、消化器に生じる諸症状

Wikipediaより一部抜粋

つまり腸内環境に良くない影響があるというこです。

アトピーや、皮膚炎改善には腸内環境を整えることが効果的というのは研究でも出ています。

なのでアトピーで乳糖不耐症の方が牛乳を飲むと肌が改善されにくいのは概ね事実なのかなと牛乳をやめてみて体感しました。

アーモンドミルクの良い点

僕がアーモンドミルクに切り替えた理由は単純に「コーヒーやオートミールに牛乳を使用していた」からです。

さすがにコーヒーもオーツも全てやめるというのは気持ち的にもきついので、単純に代用できるアーモンドミルクにしました。

アーモンドミルクの良い点は「低カロリー・乳糖を含まない」ということです。

アーモンドミルクにしたから改善したというより、乳糖を含まないということが大きいと思います。

ユウスケ
今まで僕は1日あたり牛乳入りコーヒーを3杯、オーツには牛乳100gほど使用していました。
乳糖取りまくりでした。

アーモンドミルクより牛乳の方が栄養素は豊富

とはいっても牛乳の栄養素はカルシウムを筆頭に豊富に含まれています。

なのでアトピーでも乳糖不耐症でもない人は牛乳を飲んだほうが栄養素的には良いはずです。

アーモンドミルクは水で薄くかさ増しされたような飲み物なのでカルシウムやミネラルなどはほぼ含まれていないです。

オーストラリアで使っているアーモンドミルク

僕が実際にオーストラリアで使っているアーモンドミルクです。

どちらも人工甘味料や砂糖無添加で成分的にはほぼ同じですが、右のものはカルシウムが追加で配合されています。

唯一のマイナス点をあげると値段が牛乳の倍ほどするということです。

大体1リットルで$2〜$3ほどするので僕は半額セールのときに箱買いしました。

まとめ:やめてみる価値はある

以上、「牛乳をやめたら肌が改善」についてでした!

アトピー、皮膚炎の方は試す価値はあるはずなので一度牛乳断食してみてはいかがでしょうか。

いつも読んで下さりありがとうございます🙇🏻‍♂️





SPONSORED LINK


SPONSORED LINK


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です