【メルボルン】ぶらり街歩きでまぁまぁな小籠包を見つけた【チャイナタウン・ランチ】

メルボルンにある小籠包


こんにちは、ユウスケです。

今回はメルボルンを散策しているときに見つけた、まぁまぁ美味しかった小籠包のレストランをご紹介します!

いつも行きあたりばったりでレストランに入るのですが、ここもコスパ良しでおすすめです。

後で調べると口コミの評価も高かったので、メルボルンでレストランを探している方の参考になれば幸いです。

SPONSORED LINK

メルボルンにある小籠包「Shanghai Street」

メルボルンのチャイナタウン

お店はメルボルンのチャイナタウン(中華街)にあります。

チャイナタウンの場所はマップ上ではココです。

セントラル駅からは徒歩10分ほどなのでアクセスも良しです。

そしてレストランの場所はココです。

「Teppanyaki Ginza」というレストランの目の前にあります。

ここに来るまでも中華街なので小籠包のお店はいろいろありましたが、雰囲気が良さそうだったのでここにしました。

頼んだメニュー

僕は普通の「小籠包」と「上海ヌードルスープ」を注文しました。

小籠包は8個入で$11.80、ヌードルスープは$8.80でした。

エンポリアムにある鼎泰豊の方が味はリッチでしたが、ここは安い割に美味しいので満足です。

注文はこの紙に書いてオーダーします。

ちなみにですが注意書きに以下のことが書いてありました。

①アメックスは不可、割り勘不可、海外のクレジットカードは2.5%サーチャージ加算。

②6人以上のグループは最低$60の注文が必要。

③制限時間は75分。

④アルコール類の持ち込み可能。

制限時間短いし、クレカのサーチャージがかかるので、「ランチに現金で」がおすすめです。

一人ランチでしたが、美味しく頂きました。

まとめ:行きたいお店が決まらなかったら是非

以上、僕が行った小籠包のお店をご紹介させて頂きました!

美味しいですが「絶対に行くべきお店」というわけではないので、もしランチ難民になったら候補に入れてみてください!

いつも読んで下さりありがとうございます🙇🏻‍♂️





SPONSORED LINK


SPONSORED LINK


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です