コロナで暇なのでオーストラリアで餃子作ってみた【材料はスーパーで買える】

オーストラリアで餃子


こんにちは、ユウスケです。

現在4月15日ですが、コロナの影響でお店は閉まってるし、ビーチも閉鎖されていてめちゃくちゃ暇です。

時間を持て余しています。

そこで餃子を自分で包んで作ってみました!

ちなみに餃子の皮はオーストラリアにあるウールワースで購入できます!

SPONSORED LINK

オーストラリアで餃子作ってみた【材料はスーパーで買える】

とりあえず餃子のレシピがわからないのでネットで調べた所、

ウールワースで買えるものでなんとかいけそうです。

これにニラとかオイスターソースとか追加しますが、ほぼ材料はこれだけです。

餃子の皮はコールスには売っていませんでした。

なのでオーストラリアで餃子を作りたい方はウールワースに行けば買えるはずです!

商品名は「Gow Gee Pastry」です。

皮も一から作るほうが美味しいのかな?

でもまぁ気力がないので今回は既製品で。

ポークミンチ 500g。

これで$5.50(350円くらい)ですが、日本のスーパーと比べると値段はどうなんだろ。

ユウスケ
日本で自炊生活をしたことがなく、そこらへんの常識が欠けています。

餃子の皮を包みます。

皮は1パック30枚入りで$2.90、これを4パック、合計120枚購入しました。

包み方もユーチューブを見て学びました。

便利な世の中です。

餃子の具材です。

はい、この時点で「なんか多くない?」と薄々感じてはいました。

コネコネ。

大量の具材だったので彼女と二人で包んで1時間もかかりました。

完全に作る量を間違え、餃子の在庫が120個できてしまいました。

冷凍できるからいいけど、二人で120個はいつ無くなるのか。。ww

まとめ

以上、オーストラリアで餃子作ってみた。でした!

皮を包むのに結構疲れましたが良い暇つぶしになったし、作り置きもできるので良しです🙂

いつも読んで下さりありがとうございます🙇🏻‍♂️





SPONSORED LINK


SPONSORED LINK


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です