オーストラリアのコロナ感染対策は日本ほど厳しくない【マスクつけてる人いない説】

オーストラリアのソーシャルディスタンス


こんにちは、ユウスケです!

6月も後半に突入し、僕の住んでいるQLD州の新規感染者は過去24時間で「0」でした!

これはこれで嬉しいニュースなのですが、オーストラリアは国境を2021年までしばらく閉める予定だとか。。

そんな厳しい制限をしながらもオーストラリア国内のコロナ感染対策はそこまで厳しくないような状態です。

この記事では、実際に現地からの情報をお伝えできればと思います。

SPONSORED LINK

オーストラリアのコロナ感染対策は日本ほど厳しくない【マスクつけてる人いない】

タイトルにもありますが、現在オーストラリアで(少なくともブリスベンとゴールドコーストでは)マスクをつけている人は皆無です

100人いたら1人マスク着用、もしくは高確率で0人といった感じです。

実際に数えたわけではないですが、大型スーパーマーケットやイケア、バニングス(イケアの工具店版のようなもの)に行くとかなりの人がおり、マスクをつけている人は1人も見かけませんでした。(僕も含めて)

ユウスケ
マスク着用率については5月くらいからどっと減った印象です。

豪でのソーシャルディスタンス

これは今週行ったオーストラリア版イケアのホットドッグ売り場ですが、ソーシャルディスタンスはこのようにしっかり確保されていました。

ただ、家具売り場のところは人が密な状態でマスクは誰もつけておらず、売店だけでソーシャルディスタンスする意味あるのかなといった感じです。

あと、ホットドッグの店員さんもマスクはつけていませんでした。

カウンター越しに透明のアクリル板があるので飛沫は防げるかもしれませんが。。

こちらはとある有名飲食店の並びです。(6月撮影)

ソーシャルディスタンスはある程度確保されている感じですが、ここも店員さん含めだれもマスクは着けていませんでした。

現在オーストラリアのお店ではこういった消毒できるスペースが入り口にあったり、「1.5mの間隔を開けましょう」といった看板が設けられています。

QLD州での感染は広がってはいない

とは言いつつも、現状でQLD州の新規感染者は「0」、あるいは「1」とかなので州を封鎖している限りはマスクを着ける効果はそこまで高くはないと思います。

それかオーストラリアは土地が広いので自然と換気が良くなってマスクよりも高い効果を発揮しているのかな?笑

最近ではビクトリア州で新規感染者数が2桁の日が増えてきており、再度ロックダウンになるかもみたいな話になっています。

こうなるとほんとオーストラリアはワクチンできるまでなにもできない感じになりそう。。

まとめ

以上、「オーストラリアのコロナ感染対策は日本ほど厳しくない【マスクつけてる人いない説】」でした!

オーストラリアは他国よりもマスク着用率はかなり低いと思いますが、新規感染者は低水準なのでとりあえずはよしといった感じでしょうか。

ただ全土でVIC州のようになる可能性もあるので、オーストラリアでもまだまだ気は緩めれない状況です。





SPONSORED LINK


SPONSORED LINK


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です