スペインへ7月1日から日本人も観光で行けるけどラリーガは無観客の模様


こんにちは、ユウスケです!

先日、「スペインが7月1日より国際観光客を受け入れる」というニュースがありました。(スペイン政府からの発表なので公式情報です)

コロナの影響で3月のスペイン旅行を直前でキャンセルした僕からすると嬉しいニュースです。

ただ、僕の旅行の目当ては「ラ・リーガの試合」なので、無観客試合だと意味なしです。

そういわけで、いろいろと情報をまとめてみましたので何か参考になれば幸いです。

SPONSORED LINK

スペインへ7月1日から日本人も観光で行けるけどラリーガは無観客の模様

スペインのサンチェス首相は23日の記者会見で、「すべての観光業は活動を再開するための準備を進めてほしい」と述べ、外国からの観光客の受け入れを7月から再開したいという考えを示しました。

NHKより一部抜粋

スペインの首相がこう発表しました。

スペインは国内総生産の8分の1を観光産業が占めているので、再開しないとマズいという感じだと思います。

ただやはりコロナが完全に収束していない現状での「国際観光」は時期尚早という声もありますが、スペインのように対策をきちんとした上で国境を開けるのには賛成です。

経済がこれ以上停滞するのはコロナリスク以上のものだと思います。

スペインの首相も会見で以下のように発言しています。

「7月からしっかりした安全な体制のもとで外国人の入国を許可する。観光客が危険でないとともに、スペインにとってのリスクもないと保証する」

Yahoo!より一部抜粋

ちなみにですが、ホリエモンさんも賛成のようです。

ラ・リーガはしばらく無観客試合

コロナにより3ヶ月ほどラ・リーガの試合が中止されていましたが、情報によると6月20日から再開されるようです。

ただ、無観客で開催されることが濃厚でスペイン旅行に日本人が行けたとしてもスタジアムには行けない可能性大です。

しかも今季残りの11試合ほどをリーガ再開後から1ヶ月ほどで消化できる日程を組むようなので、もしかしたらこのまま無観客でリーグ終了ということもあるかもしれません。

ラ・リーガは毎年8月中旬あたりに開幕しますが、これももしかしたらずれ込む可能性もあります。

なのでサッカー目当ての僕としてはスペイン旅行には行けたとしても、ラ・リーガの日程がはっきりしない限り飛行機は予約できない状況です。

ユウスケ
メッシが引退するまでに1回でも多く観たいという気持ちはありますが、スペイン旅行はもう少し我慢して来シーズンに行くほうが良いかなと思ってます。

まとめ

以上、現段階で発表されている情報をまとめてみました。

ラ・リーガの詳しい日程や詳細についても1〜2週間以内には発表されるはずなので首を長くして待ちたいと思います。





SPONSORED LINK


SPONSORED LINK


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です