【5月25日現在】オーストラリアから日本へのフライト運航便について


こんにちは、ユウスケです。

この記事では「オーストラリアから日本へのフライトについて各社の運行状況」をまとめたのでご紹介させて頂きます。

日本へのフライト情報をお探しの方の参考になれば幸いです。

※2020年5月25日時点での情報です。フライトの状況は変わっている可能性がありますので予めご了承ください。

SPONSORED LINK

【5月25日現在】オーストラリアから日本へのフライト運航便について

現在、オーストラリアから日本への直行便のフライトは全日空の「シドニー → 羽田」の路線しかありません。

「シドニー → 羽田」については週3便となっており、これは6月31日まで継続される見通しです。

ちなみにこの路線の片道料金を調べた所、約6万円ほどでした。

ユウスケ
少し前まではチケット代が20万円以上とかなり高騰していたので最近だと平常料金になっていると思います。

・全日空の「メルボルン → 成田」の便は6月31日まで運休が決定しており、それ以降の運行状況はまだ決まっていません。

・「カンタス」と「ジェットスター」についても7月までは運行停止となっています。

それ以降は徐々に再開していくと思われます。

・「ヴァージン・オーストラリア」は経営破綻したので現在は全路線で運行停止となっています。

ただ、現在は日本で言うところの民事再生法の手続きを進めており、6月中旬までは運行停止、そしてこれ以降は手続きの状況次第となっています。

国際線再開はもうすぐ(のはず)

つい2日前、スペインが7月1日から国際観光客を受け入れる、と発表がありましたのでこれに合わせて近隣のフライト(オーストラリアだとニュージーランドやアジア主要国)が復活する可能性は大きいと思います。

スペインのGDP(国全体の収入)の8分の1が観光産業になっているので観光を再開せざるを得ない感は否めませんが、少なくとも復旧へと一歩前進です。

まとめ

7月以降からは今よりも国際的に移動がしやすい状況になっているはずなので、僕も首を長くして旅行へ行ける日を待ちたいと思います。

いつも読んで下さりありがとうございます🙇🏻‍♂️





SPONSORED LINK


SPONSORED LINK


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です